人工甘味料は減量(ダイエット)に最適?太る?種類と血糖値の関係

現在は、多くの人工甘味料が出回るようになりましたし、人によっては、減量(ダイエット)をする時に使用している人もいると思います。

 

世間では、人工甘味料を摂取すると太ることは無い、減量(ダイエット)には最適だ、など言われることが多いですが、実際はどうなのでしょうか?

まあ、人工甘味料と言っても色々な種類があるので、それぞれの特徴(血糖値との関係など)を知らないと、実際のところは分かりません。

 

そこで、この記事では人工甘味料が減量(ダイエット)に向いているのかどうか?という話をしつつ、人工甘味料の種類や、血糖値に与える影響などについても言及していきたいと思います。

人工甘味料は減量(ダイエット)に最適?太る?


まず、結論から言うと、人工甘味料は天然甘味料(砂糖やハチミツなど)に比べると、減量には向いている・・・つまり、太りにくいと言えます。

 

ただ、人工甘味料と言っても、色々な種類があるので、ここからはそれぞれの名称や特徴、血糖値に与える影響なども解説していきます。

人工甘味料の種類や特徴

よく使われている代表的な人工甘味料は、

代表的な人工甘味料
  • スクラロース
  • アスパルテーム
  • アセスルファムカリウム
  • サッカリン

このあたりでしょうか。

 

これらの人工甘味料全体に言える特徴は、甘みが強くて体内で消化吸収されない為、ゼロカロリーの食品や飲料などに使用されることが多いです。

プロテインやプロテインバーもそうですが、サプリメント(BCAAやプレワークアウト)などにもよく使用されていますね。

摂り過ぎはお腹が緩くなる

人工甘味料は体内で吸収されないので、極端に摂りすぎると体内で浸透圧が高くなり、結果的に腸の中の水分が増えてしまって下痢になる可能性があります。

まあ、下痢になるまで人工甘味料を沢山摂取する人は、あまりいないと思いますが・・・。

インスリンは分泌するけど血糖値は上げない

人工甘味料は、今のところは血糖値は上げないと言われていますが、膵臓にある甘みを感じるレセプターが人工甘味料の甘みを完治してインスリンを分泌します。

普通なら、インスリンは血糖値を下げるために分泌されるのですが。人工甘味料を摂取した場合は、血糖値は上がらないけど、インスリンが分泌される為、余計に血糖値が下がりすぎて、空腹感が強まるという事になる可能性もあります。

 

それが原因となって、太ったり糖尿病になったりする、という研究結果もあるので、人工甘味料は、必ずしも減量(ダイエット)に効果がある、とは言えないかもしれません。

ただ、この「食欲が増す可能性がある」という部分だけ意識しておけば、人工甘味料はカロリーも少なく血糖値も上げないので、減量に効果を発揮しやすいと言えるでしょう。

 

ちなみに、この記事では詳しく言及しませんが、太りやすくて健康面でも悪影響を及ぼすのは、果糖を含んだ甘味料(砂糖やハチミツ、果糖ぶどう糖液糖など)です。(摂りすぎた場合)

気をつけましょう。

糖アルコールもおすすめ


少し、人工甘味料とは話がズレますが、減量(ダイエット)をしていく場合は、糖アルコールもおすすめです。

 

人工甘味料は体に良くない、という研究結果があったり無かったりして、実際のところは分かりませんが、糖アルコールは安全性が確立されています。

なので、健康に気を使っている人は、人工甘味料よりも糖アルコールを使用すると良いでしょう。

 

また、糖アルコールの中でも、エリスリトールとラカンカを成分としている『ラカントS』という商品は、人体実験でインスリンを分泌させないことが分かっています。

 

つまり、『ラカントS』はインスリンも分泌しないし、血糖値も上げないですし、カロリーもゼロなので、減量するのにおすすめの甘味料と言えるでしょう。

 
ラカントS 顆粒 800g
Posted with Amakuri at 2018.7.20
サラヤ

まとめ

今回の話をまとめると、世間でよく使用されている人工甘味料(スクラロースやアスパルテームなど)は、極端に摂り過ぎないようにしていけば、太るということも無いし、むしろ減量(ダイエット)に向いていると言えるでしょう。

ただ、健康面で言うと、人工甘味料の摂りすぎは、糖尿病になったり認知症になったりするリスクがある、という研究結果もあるので、摂取量には気をつけたいところ。

 

個人的な意見を言うと、減量してもしなくても人工甘味料はあまり摂取しない生活を心がけたほうが良いと思います。

もし、健康面が気になる場合は、糖アルコールの『ラカントS』という商品が安全性を確立しているので、こちらを使用すると良いと思います。

 

ちなみに私が減量中の時は、プロテインやプロテインバーで人工甘味料を摂取していますし、たまに甘味料を使用する時は、『ラカントS』を活用しています。

ゼロカロリーの食品(ゼリーなど)や飲料(ゼロコーラ)は、ほとんど食べないし飲まないです。(無くても減量出来るから)

 

この記事が参考になれば幸いです。

関連コンテンツ(一部広告)

アイハーブのセール情報

■ユニバーサルニュートリションの商品(プロテインバー等)が15%OFF(2018年8月23 日(木)午前2時まで)

■マッスルテックの商品(プロテインやクレアチンなど)が20%OFF(2018年12月31日(月)まで)・プロモコードは IOVATE20 です。今なら8月30日まで更に10%OFF(計30%OFF)

■マッスルファームの商品(プロテインやプロテインバーなど)が30%OFF(2019年1月1日まで)

■リピート購入(2回目以降の購入)でも、クーポンコード RPV077 を利用することで、全商品が5%の割引を受ける事ができます。

マイプロテインのセール情報

■毎日、色々な商品(プロテイン・BCAA・クレアチン・プロテインバー等)がセール中で25%〜最大80%OFF(ゾロ目の日や、ゴールデンウィークなどのイベントは要チェック)

アイハーブの割引クーポンコード一覧

■新規購入でもリピート購入でも、クーポンコード RPV077 を利用することで、全商品が5%の割引を受ける事ができます。

■新規購入の場合、クーポンコード JP2018 を利用する事で10ドルの割引を受ける事ができます。

■上記2つのクーポンコードは併用出来るので、どちらのクーポンコードのリンク先から購入しでも、全商品5%の割引+10ドル割引になります。(上記のピンクのバナー経由でも割引適用済み)

注文金額の5%がロイヤルティクレジットとして次回の注文で使用できます(使用期限は90日)

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 

今回の記事を読んで気に入って頂けましたらシェアして頂けると幸いです。