インターバルトレーニング(タバタ式)を腹筋でやったら?

この記事の所要時間: 225

あなたは、インターバルトレーニング(タバタ式)
いうのはご存知でしょうか?


どういうトレーニングなのか?と言うと、

『20秒全力で運動して、10秒休む。これを8セットやる』

すごく分かりやすいと思います。(4分で終わります)

inntaabaru

このインターバルトレーニング(タバタ式)のやり方ですが、
やる全力運動は何でも良い、というのが特徴です。


エアロバイクのような有酸素運動でやれば、脂肪燃焼の効果が
高いですし、デッドリフトや懸垂などの筋トレを組み込んで
インターバルトレーニング(タバタ式)をやる場合もあります。


もしあなたがインターバルトレーニング(タバタ式)を
知らない場合は、下記に動画を貼り付けておいたので、
参考にしてみてください。


で、このインターバルトレーニング(タバタ式)は
筋トレを取り入れても良い、という事なので私は、

「じゃあ、腹筋でやってみるとどうだろう?」

と思い、試しにインターバルトレーニング(タバタ式)で
腹筋トレーニングをやってみました。

スポンサーリンク
 
やった感想を一言で言うと・・・

『めっちゃキツかった』です(笑)


なんせ、腹筋を20秒間やったら10秒しか休めませんから。

で、また20秒腹筋をやるという・・・それを8セットです。
お腹が吊りそうになりましたよ(苦笑)


その時やった腹筋の種目は、レッグレイズや
クランチ、ニートゥーチェストやツイストクランチなど
4種類ほど選んでそれを順番にやっていきました。


もし、あなたが腹筋トレーニングでマンネリ化を
しているようでしたら是非取り組んでみてください。
効果が出るかもしれませんよ。

その代わり、最初やった後は死にますから(笑)


タバタ式インターバルトレーニングをする時に便利な
サイト(タイマー)もあるので、良かったら使ってみてください。

タバタ式トレーニングのタイマーはこちらをクリック。


臨場感を求めるなら先ほど紹介した動画を
再生しながらやる事をおすすめします。

ちなみに私は動画を再生しながらやっています。


さて、今回はタバタ式インターバルトレーニングを腹筋で
やってみたら、かなりキツくて効果がありそうだったので、
良かったらあなたもやってみたらどう?というお話でした。

筋肉は、同じ刺激ばかり与えていても成長しにくいですからね。


たまには新しい刺激も与えてあげましょう。
という事で、良かったらタバタ式インターバル
トレーニングで腹筋をやってみてくださいね。

他の筋トレを混ぜていっても良いトレーニングになると思いますよ。


この記事が参考になれば幸いです。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
 

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブのセール情報

■初回購入の場合、クーポンコード WELCOME5 を入力する事で5ドルの割引を受ける事ができます。

■60ドル以上の購入で、プロモコード FEBEND を入力する事で5ドルの割引を受ける事ができます。(日本時間3月2日(木)午前3時終了)

■Nutrex(ニュートレックス)のプロテイン等が10%OFF(日本時間3月2日(木)午前3時終了)

マイプロテインのセール情報

■全てのチョコレート商品が全品30%OFF

■月末セール・全品最大70%OFF

・更に割引コード VIP15 入力で15%OFF

スポンサーリンク
 

今回の記事を読んで気に入って頂けましたらシェアして頂けると幸いです。

かっこいい体を手に入れ、やりたい事をやる
ライフスタイルを手に入れたいあなたへ


脂肪の少ない引き締まった体型を作って、その体型を維持していく方法や、効果的な筋トレ、食事法なども紹介しています。 また、ネットビジネスやライフスタイルをコントロールしていく方法についてもお話しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です