腹筋ローラーのトレーニングでシックスパックを作るには?

この記事の所要時間: 235

まず、結論から言いますと、腹筋ローラーのトレーニングでシックスパックを作るには

『なるべく腹筋のみに効かせられるやり方で
トレーニングをして、徹底した食事管理を行っていく』

この2つをしっかりやってもらえばOKです。



食事管理については私のブログの記事を参考に
してもらえば調整方法もわかると思います。

腹筋を割るための食事は調整力・かっこいい体になるには?
今まで腹筋を割るための食事方法などを色々な記事として書いてきましたが、ここらで一度、これまでの記事で書いた事と、最近の実践で得た情報などもまとめてみたいな、...



で、もう1つの『なるべく腹筋のみに効かせられるやり方』ですが、
腹筋ローラーってやってみれば分かるのですが、例えば立ちコロを
頑張ってやる時、結構体全体を使ってやる場合が多いです。

腕の力を使い、脚の力を使い、肩の力を使い、そして腹筋の力も使い、
必死になって腹筋ローラーをコロコロと転がします。


別にそのやり方でもいい(体全体を鍛えられるので)のですが、
そのやり方をやって背中や腰を痛める人も結構いると思います。
何故なら私も背中を痛めたことがあるから(苦笑)

このやり方は、人によっては結構無理しているんです。



腹筋だけをターゲットにして腹筋を伸ばす感覚、腹筋だけを
収縮する感覚で腹筋ローラーをコロコロすると私の場合は
立ちコロで背中が真っ直ぐになる角度までいけません。

むしろ、少し背中が曲がった状態まで立ちコロしてそこから
戻ったほうが腹筋を伸展・収縮できていると思います。
スポンサーリンク
 
よく、動画で立ちコロをしている人達のように背中をまっすぐに
近い状態まで伸ばしてしまうと腹筋以外の筋肉にもかなり力が入ります。


それで、背中や腰を痛める人が多いのでしょう。

ですので、腰や背中を痛めないように腹筋ローラーを
使ってシックスパックを作っていきたい場合は、スタート時から
腹筋だけにしっかり力を入れ、自分がイケるところまで
腹筋ローラーを転がし、腹筋の伸展を感じましょう。



戻ってくる時は、息をしっかり吐きながら
背中を丸めてきて腹筋を収縮させましょう。
腹筋が痛くなるくらい収縮させるのがポイントです。



立ちコロができない人は、膝をついてやるところから
始めていって立ちコロが出来そうかな、って思ったら壁を
ストッパーにして、近い距離からコロコロしていきましょう。



あとは、徐々に壁と自分の距離を離していけば強度が強くなります。

背中や腰に自信がある人は、立ちコロを何回もして腹筋も
体全体も鍛えていけば良いと思います。


それ以外の人は腹筋のみに意識を集中させ、自分がイケる
ところまで転がして腹筋がしっかり伸展出来たと思ったら
そこから戻ってくるやり方でやっていきましょう。



そもそもシックスパックをつくるのに
背中や腰を痛めるリスクを追う必要は無いのですから。


参考になれば幸いです。

関連コンテンツ

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブのセール情報

■新規購入の場合、クーポンコード WELCOME5 を入力する事で5ドルの割引を受ける事ができます。

■マッスルテックの製品(プロテイン等)が15%OFF(日本時間で11月23日午前2時まで)

マイプロテインのセール情報

■毎日、色々な商品(プロテイン・BCAA・HMB・クレアチン・プロテインバー等)がセール中で25%〜最大80%OFF

■月一セール・チョコレート味が全品30%OFF

・割引コードは CHOCO30 です。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク