最強の自重トレーニングメニューを2つ紹介します

この記事の所要時間: 325

自重トレーニングといえば何が思いつくでしょうか?


まず、誰もが腕立てを思いつくと思います。


もちろん、腕立ても大胸筋と上腕三頭筋を鍛える素晴らしい
種目ですが、今回は腕立て以上に筋肥大に効果がある、と
私が思っている最強の自重トレーニングメニューを2つ紹介します。

※ただし、今回紹介する自重トレーニングは、女性には
強度が高いので、取り組むのは難しいかもしれません。


それではいってみましょう。

懸垂(チンニング)

zijyuu

前も紹介したことがあると思いますが、
懸垂(チンニング)は、自重トレーニングの中でも
最強の自重トレーニングと言えると思います。


懸垂(チンニング)の効果は主に


・広背筋

・大円筋

・上腕二頭筋


などを鍛えることによって、広背筋の横の広がりと縦の厚みを
出したり、上腕二頭筋(力こぶ)を筋肥大させることが出来ます。

つまり、逆三角形のかっこいい体型を作りやすい種目という事です。


それに広背筋自体は、人間の体の中でも大きい筋肉の中の
1つなので、その広背筋を鍛える事で自然と代謝も上がりやすく、
脂肪燃焼の効果を発揮しやすくなります。

そんなメリットだらけの自重トレーニングが
懸垂(チンニング)なのです。

スポンサーリンク
 
また、懸垂(チンニング)は、自宅でやる場合は、
トレーニング器具が必要になる事が多いですが、もし自宅で
出来なかったとしても、近所の公園でも行けば鉄棒があるので、
やろうと思えば懸垂(チンニング)は実質無料で出来ます。

それでいて、背中のトレーニングの中でも効果は
抜群に良いので、もし筋トレをして筋肉をつけたいけど、
ジムに通ったりトレーニング器具を用意したりするお金が
ない人は懸垂(チンニング)をおすすめします。


実際、懸垂(チンニング)をやりまくるだけでも
人によってはかなり逆三角形の良い体型になれると思います。


懸垂(チンニング)の詳しいやり方については
下記の記事を参考にしてください。

広背筋の筋トレで自宅で自重で出来るおすすめトレーニングとは?



また、女性のように体力が無く、懸垂(チンニング)が
1回も出来ない場合は、ネガティブ・チンニングをやりましょう。

ネガティブ・チンニングというのは、懸垂(チンニング)の
下ろしてくる部分だけ重力に逆らうように負荷をかけるやり方です。


一旦勢い良く飛ぶように上にぶら下がって上から
下ろしてくる時だけ力を入れてなるべくゆっくり下りてくるのです。

これを何回も繰り返すだけでもかなり良い背中の筋トレになります。


ディップス

ディップスは、腕立てと同じような部位を鍛える
自重トレーニングになりますが、加重(重りをつけてやる)を
すれば、腕立てよりも強度の高いトレーニングが出来ます。


ディップスの効果は、

・大胸筋(特に下部)

・上腕三頭筋

この2つの筋肉を主に鍛えることが出来て、
大胸筋自体もやり方次第では結構筋肥大させる事が出来ます。


また、上腕三頭筋は腕の筋肉の中でも1番大きい筋肉なので、
この上腕三頭筋を鍛えて筋肥大させることによって、
より腕を太く見せやすくする事が出来ます。


そんなディップスをやる場合は、トレーニング器具を
購入するか、もしくは同じ高さの椅子や台を用意しましょう。


詳しいやり方については下記の記事を
参考にして頂きたいと思います。

ディップスのやり方を自宅で撮って説明してみた


ここで簡単にディップスのコツを言っておきますと、


・なるべく親指側に重心を乗せる

・常に前かがみでやる

・胸を常に張る意識でやる


こんなところです。

懸垂(チンニング)のやり方も含めて良かったら参考にしてください。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
 

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブのセール情報

■初回購入の場合、クーポンコード WELCOME5 を入力する事で5ドルの割引を受ける事ができます。

■Nutrex(ニュートレックス)のプロテイン等が10%OFF(日本時間3月2日(木)午前3時終了)

マイプロテインのセール情報

■全てのチョコレート商品が全品30%OFF

■2点以上購入で25%OFF

■4点以上購入で30%OFF

・割引コードは MULTIBUY です

スポンサーリンク
 

今回の記事を読んで気に入って頂けましたらシェアして頂けると幸いです。

かっこいい体を手に入れ、やりたい事をやる
ライフスタイルを手に入れたいあなたへ


脂肪の少ない引き締まった体型を作って、その体型を維持していく方法や、効果的な筋トレ、食事法なども紹介しています。 また、ネットビジネスやライフスタイルをコントロールしていく方法についてもお話しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です