筋トレは毎日やっても良いけどその場合はメニューを考える事が必要です

この記事の所要時間: 621

引き締まった体型、腹筋の割れた体型、理想の体型に
なるためにもしかしたらあなたも筋トレを取り入れて
頑張っているかもしれませんが、その筋トレを毎日やっても
大丈夫なのか?という疑問が湧いたことはありませんか?


ちなみに私は、自宅で筋トレ(最初は自重トレもやっていた)を
始めて3ヶ月ほど経った時にこの疑問が湧きました。


そして、、最終的に行き着いた答えは、

『筋トレは毎日やっても良いけど、
鍛える筋肉の部位やメニューを考える必要がある』

でした。

kinntore

つまり、同じ筋肉を連続して筋トレするのはダメだけど、
違う筋肉だったら良いですよ、という事です。

もう少し詳しく説明していきましょう。

超回復の理論は全て信じなくてもいいけど・・・

筋トレをしたらその筋肉を回復させるまでに
48時間~72時間程かかると言われています。

という事は、もしその日に胸のトレーニングをしたら
1日~2日ほど大胸筋を休ませる必要があるわけです。


筋トレをする事によって筋繊維を破壊して、
その筋繊維を回復させる事で筋肉は大きくなるので、
筋肉を回復させるのは大事なことなのです。


ただ、超回復の理論で言われる48時間~72時間という数字は、
全ての人に当てはまるわけでは無いと私は思っています。


実際、同じ部位を毎日やって筋肉を
肥大させている人も中にはいますし、2日ほど
休息をとった方が良い結果が出る人もいます。

なので、○○時間休息を取ればOK、
というわけではなく、自分の体質や体調に合わせて
休息時間を決めていけばいい、って事です。


だけど、最初はそういうことは分からないと思うので、
筋トレを毎日やっていきたい場合は、超回復理論の
目安時間を参考にして、違う部位の筋肉を
ローテーションで回して鍛えていくのが良いと思います。

例えば、胸を鍛えたら明日は背中、明後日は
脚というように鍛えていくのが良いでしょう。


それではもう少し詳しく筋トレを
毎日やる場合のメニューについて話していきますね。


筋トレを毎日やる場合のメニュー例【週5日の場合】

■月曜日

胸のトレーニング


■火曜日

脚のトレーニング

腹筋のトレーニング


■水曜日

休み


■木曜日

背中のトレーニング


■金曜日

肩のトレーニング

腹筋のトレーニング


■土曜日

二頭筋のトレーニング

三頭筋のトレーニング


■日曜日

休み



このようにトレーニングメニューを組んだ理由を説明します。

まず、月曜日に胸のトレーニングをして、火曜日に
脚のトレーニングをすれば、鍛える筋肉の部位は
全く違うのはあなたもお分かりになると思います。

なので、この場合だと連続で
筋トレをしてもOK、という事になります。


そして、水曜日に筋トレを休みにして、
木曜日に背中のトレーニングになります。

水曜日に筋トレを休みにした理由は、もし脚の
トレーニングで太ももの裏(ハムストリングス)を
鍛えるような種目をして翌日に太ももの裏
(ハムストリングス)に疲労があったとしましょう。

その状態で連続で背中のトレーニングのデッドリフト
(太ももの裏の筋肉を使う)をしたら、力を出し切れない
恐れがあるかもしれないので、1日休みを入れました。


で、背中のトレーニングをした翌日に肩のトレーニングを
した場合、同じ部位の筋肉を鍛えることは無いので、
ここに肩のトレーニングを入れました。

それから土曜日には二頭筋と三頭筋の
トレーニングをして、日曜日に休みを挟んで
1週間のメニューは終了という形になります。


以上、簡単な説明になりましたが、このように
毎日筋トレをやる場合は、なるべく鍛える筋肉が
被らないようにメニューを組む方が良いでしょう。


ちなみにこのトレーニングメニューは、
中級者や上級者向けのトレーニングなので、
初心者はあまり参考にならないかな、と思います。

スポンサーリンク
 

筋トレを毎日やる場合のメニュー例【週6日の場合】

■月曜日

胸のトレーニング

腹筋のトレーニング


■火曜日

脚のトレーニング


■水曜日

背中のトレーニング


■木曜日

三頭筋のトレーニング

腹筋のトレーニング


■金曜日

二頭筋のトレーニング


■土曜日

肩のトレーニング

腹筋のトレーニング


■日曜日

休み



こちらは週6回のトレーニングメニューですが、
先ほど説明した週5回のトレーニングとほぼ一緒で、
腕のトレーニングを分割しただけのメニューです。

なので、このトレーニングメニューも
中級者や上級者向けのトレーニングになってくるので、
初心者はあまり参考にならないかな、と思います。


まとめ

さて、今回は筋トレは毎日やっても良いのか?
という疑問についてお話してみました。


実際、明確な答えはありませんが、超回復理論という
話からすると、連続で同じ部位の筋肉を鍛える事は、
筋肉が肥大することに繋がりにくいので、なるべく同じ部位は
連続してトレーニングしない事が基準となります。


また、筋トレ初心者や女性の方の場合は、
週2回~週4回の頻度で筋トレしていくのが良いでしょう。


最後に初心者で週4回の筋トレで筋肉を
つけていきたい、という場合の基本的な
トレーニングメニューを紹介しておきます。

※本格的に筋肉をつけたい場合は
週4回ほど筋トレをやる事をおすすめします。


■月曜日

胸のトレーニング

三頭筋のトレーニング


■水曜日

背中のトレーニング

二頭筋のトレーニング

腹筋のトレーニング


■金曜日

脚のトレーニング

肩のトレーニング


■土曜日

胸のトレーニング

三頭筋のトレーニング

腹筋のトレーニング



このように3種類のトレーニングメニューを
ローテーションで回していくと良いと思います。
(あくまでもメニューの1つであり、正解ではありません)


もっと、ガッツリ鍛えていきたい場合は、


■月曜日

胸のトレーニング

背中のトレーニング


■水曜日

脚のトレーニング

肩のトレーニング

腹筋のトレーニング


■金曜日

胸のトレーニング

背中のトレーニング


■土曜日

二頭筋のトレーニング

三頭筋のトレーニング

腹筋のトレーニング



このように大きい筋肉(胸と背中)を週2回ほど
鍛えていくと、より筋肉が早くつきやすくなる可能性が
あるので、良かったら参考にしてください。
(誰にでも当てはまる回答ではありませんが)


もちろん、ダイエットをしている場合も有酸素運動以外に
筋トレを週に2回以上は組み込んでいくほうが脂肪燃焼には
効果的なので、取り入れていくことをおすすめしますよ。


この記事が参考になれば幸いです。

関連コンテンツ

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブのセール情報

■新規購入の場合、クーポンコード IHERBJP10 を入力する事で10ドルの割引を受ける事ができます。

■初回のアプリの注文で5ドル割引・プロモコードは APPS2017 です。(2017年8月30日終了)

・エクステンドのBCAAが15%OFF(日本時間8月24日(木)午前2時まで)

・ココナッツオイルが10%OFF(日本時間8月24日(木)午前2時まで)

・マッスルテックの製品(プロテインなど)が10%OFF(8月31日(木)まで)

スポンサーリンク
 

マイプロテインのセール情報

■毎日、色々な商品(プロテイン・BCAA・HMB・クレアチン・プロテインバー等)がセール中(25%〜80%OFF)

■月一セール・バニラ味が全品30%OFF

・割引コードは VANILLA30 です。

スポンサーリンク