体脂肪を減らすのにアルコールはどのくらい影響するのか?

この記事の所要時間: 51

筋肉をつける為に筋トレをしている人とって
アルコールは影響する、という事は以前話した覚えが
あるのですが、今回は体脂肪を減らすのにアルコールが
影響あるのか?という事について言及してみたいと思います。


まず、結論から言うと、

『体脂肪を減らすのにアルコールは影響があります』

となります。


筋肉をつけたい人がアルコールを摂取すると、
コルチゾルというストレスホルモンが出やすくなり、
このコルチゾルが筋肥大の邪魔をします。


一方、アルコールが体脂肪を減らすのに
影響する理由は2つあります。

その2つとは・・・

アルコールは何よりも優先してカロリーとして消費される

arukkouru

アルコールは1gあたり7kcalです。
(糖質とタンパク質は4kcalで脂質は9kcal)


例えば、アルコールを摂取した時に一緒に
おつまみをたくさん食べたとしましょう。

そうすると、体内にアルコールとおつまみが入るわけですが、
ここで体は1番早く体外に出したいアルコールのカロリーを
率先してエネルギーとして消費しようとします。

何よりも早く優先するのです。


糖質でもなく、タンパク質でもなく、脂質でもなく、
全てのアルコールのカロリーを優先して
エネルギーとして消費しようとします。

という事は、言い換えると、

『飲んだアルコール分のカロリーを全て消費してからじゃないと、
おつまみで食べた摂取カロリーは消費されない』

って事です。


なので、アルコールをたくさん摂取すればするほど、
おつまみで食べた分のカロリーは消費されること無く、
脂肪として体内に蓄えられる事になります。


つまり、

『アルコールを摂取した分だけ
体脂肪を減らすことはどんどん難しくなる』

という事です。

アルコールは1g7kcalもあるわけですから、
飲み過ぎたら当然太りやすくなるので、注意が必要ですね。


また、アルコールはエンプティカロリーと言われていて、
その意味は、『栄養をあまり含まないカロリー』です。

要するに

『アルコールは栄養がないカロリーだから、摂取しても
筋肉をつけるにもダイエットするにも不利になるだけですよ』

という結論が見えてきます。

スポンサーリンク
 

アルコールを分解するのに内臓(肝臓)に負担がかかる

そしてもう1つ、体脂肪を減らすのにアルコールが影響する原因は

『アルコールを分解する事で内蔵(肝臓)に
負担がかかり、結果的に代謝が下がりやすくなる』

という事があります。


アルコールは体内に入ると肝臓で分解されて尿として処理されます。

その際、アルコールの摂取量やその人の体質にもよりますが、
内蔵(肝臓)にかなりの負担がかかります。


基礎代謝の何割かを占めている内蔵(肝臓)に
負担がかかって肝臓が弱ってしまえば、当然代謝も
下がりやすくなり、結果的に体脂肪が減らないどころか
減りにくい体になる可能性も出てくるのです。


私自身、アルコールにあまり強くないタイプなので、
たまに付き合いで飲みにいくと分かるのですが、
飲んだ翌日は、胃もたれや胃のむかつきがひどくて
かなり代謝が下がっているのが実感できます。

実際に食欲もほとんど無く、アルコールを摂取した翌日の
食事は1食(それもかなり少ない)で終わることも珍しくありません。


そんな感じで1食ほどしか摂らないにも関わらず、その翌日の
朝に体重を量ってもそれほど体重は減っていないことが多いのです。

前日に1食しか食事を摂っていないのに体重があまり落ちないのは
代謝が下がっている可能性がある、というわけですね。


今回は、私の事例を用いてアルコールを摂取することに
よって代謝が下がる説明をしましたが、理解して頂けたでしょうか。


まとめ

体脂肪を減らすのにアルコールは影響する、というお話をしました。

理由は2つでしたね。


・アルコールのカロリーは優先して消費される

・アルコール摂取によって代謝が下がりやすくなる


アルコールのカロリーを消費してからじゃないと、
他の栄養素(糖質、タンパク質、脂質)のカロリーは
消費されないので、結果的に体脂肪を減らすどころか、
逆に増えやすい状況になりやすくなる、という事です。


また、アルコールを分解するために内臓(肝臓)に
負担がかかりやすくなり、結果的に内臓(肝臓)を
弱らせることになり、代謝も下がる可能性があります。

そうなってから今までと同じ食事量を摂取していった場合、
体脂肪を減らすどころか体脂肪が増えやすくなってしまいます。


このように体脂肪を減らすのにアルコールを
摂取することは何1つ良いことは無い、という事です。

かといって、アルコールを絶対摂取してはいけない、
というわけではなく、自分の内臓(肝臓)の強さをよく理解して、


・どのくらい飲んだら体に影響があるのか?

・どのタイミングで飲んだら体に影響があるのか?


等を把握しておくのが良いと思います。

そうすれば、アルコールを摂取する機会が
あった時に極力肝臓を疲労させない事に繋がりますし、
代謝を下げないことにも繋がります。


ちなみに私も、最近は若い頃に比べて内臓(肝臓)も
かなり弱くなってきたので、アルコールを摂取する時は、
肝臓が疲労しないようになるべく気をつけるようになりました。

と言っても、たまに調子に乗って飲み過ぎて
翌日に後悔する時もありますけどね(苦笑)

あなたはそうならないようにしましょう。


この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

オールマックスニュートリション(ALLMAX Nutrition)のプロテインが20%OFF(日本時間で1月26日(木)午前3時に終了)

・オールホエイクラシックなら3400円台、オールホエイゴールドなら5000円台で購入できます

■2000点以上の製品が新低価格となって登場

・オプチマム(ゴールドスタンダードプロテイン)や、マッスルテック(ナイトロテックのプロテイン)等のプロテインも低価格になりました

今回の記事を読んで気に入って頂けましたらシェアして頂けると幸いです。

かっこいい体を手に入れ、やりたい事をやる
ライフスタイルを手に入れたいあなたへ


脂肪の少ない引き締まった体型を作って、その体型を維持していく方法や、効果的な筋トレ、食事法なども紹介しています。 また、ネットビジネスやライフスタイルをコントロールしていく方法についてもお話しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です