筋トレをする際のインターバルの目安はどのくらいが良いのか?

この記事の所要時間: 215

筋トレをしている時に、

「インターバルはどのくらい取れば筋肥大に効果があるんだろうか?」

と思ったことはありませんか?


私はあります。

という事で、今回は筋トレするときのインターバルの
目安の時間についてお話していこうと思います。

筋肥大に効果的なインターバルの目安は?

araamu

これ、はっきり言って、

『正解はない』というところが本音です。


一般的なインターバルの目安の時間は
『1分~1分30秒』くらいです。


しかし、トレーニングの種目によって
インターバルが長いほうが良い種目もありますし、
短い方が良い種目もあります。


例えば、スクワットやデッドリフトを高重量で
やっている場合、1分のインターバルでは
息が整っていない場合があると思います。

なので、そういう時は場合にもよりますが2分~5分くらい
インターバルを取ったほうが良い、言われています。
(自重スクワットなら短めでもOKですが・・・)

スポンサーリンク
 
こうしてトレーニング強度によって
インターバルの時間の目安は変わったりします。


覚えておいたほうが良いのは、高重量でやる種目の
トレーニングは、どちらかと言うと比較的長めの
インターバルを取ったほうが良い、という事です。


逆に小さい筋肉(腕、肩、腹筋)を鍛える場合は
30秒~1分30秒くらいでも全然大丈夫です。



また、インターバルを短くすることで成長ホルモンの
分泌がしやすいと言われているので、減量中などは
高重量のトレーニングをやる時以外は短いインターバル
(30秒とか)でやっていくのもアリです。


それに1年中ずっと同じ時間のインターバルで
トレーニングをするよりも、同じ種目でも
インターバルを短くしたり長くすることで筋肉への
刺激のマンネリ化を防ぐことができます。

その前に、まずはセット数や重量を
変えたほうが良いと思いますけど・・・。


まとめ

いずれにしても基本的なインターバルの目安は
『1分~1分30秒』くらいですが、トレーニングの
種類や目的によって、多少は前後したほうが効果が
高くなる場合がある、という事を覚えておきましょう。


つまり、臨機応変に行きましょう、って事ですね。


この記事が参考になれば幸いです。



PS

ちなみに私も最初の頃はずっとインターバルを
1分でやっていたのですが、最近は種目によって
変えたり、目的によって変えたりしています。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
 

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブのセール情報

■初回購入の場合、クーポンコード WELCOME5 を入力する事で5ドルの割引を受ける事ができます。