加圧トレーニングの効果は実際どうなのか?

この記事の所要時間: 653

kaatuberuto


加圧トレーニングの効果って実際
どんなものなのか?を分かっている
人はあまりいないと思います。



という事で、今回は加圧トレーニングの効果と
その加圧トレーニングは女性や男性にとってどのような
効果をもたらすのか?というお話をしていこうと思います。


また、加圧トレーニングの効果については私自身、加圧トレーニングを
何度もしたことがありますし、現在も自宅に加圧ベルトを所持しているので、
その経験も踏まえた話も混ぜてしていきますよ。

加圧トレーニングの効果

加圧トレーニングの効果は、ザックリ言うと5つほど
あるのでこれからそれを説明していきますね。


筋力が上がり、筋肉がつく

加圧トレーニングは軽い負荷で重い負荷と
同等の効果が得られる、と言われています。

つまり、普通の筋トレと同様筋力アップ、筋肉がつくと言われています。


しかし、この筋力アップや筋肉がつく、という効果に関しては
普通の筋トレと比べると私の経験上効果は落ちると思っています。


これは、女性に関して言えば普通の筋トレでも加圧トレーニング
でもどちらをやったとしても筋肉はつきにくいでしょう。
男性の場合は、加圧トレーニングのみで筋肉をしっかりつけていこう、
というのは難しんじゃないかな、って思いましたね。


ただし・・・

普通の筋トレと平行してやったり、短期的(1、2ヶ月だけ)に
加圧トレーニングのみをガッツリやったりした時は、筋肉が
つきやすくなる場合はあると思います。


実際私は、1ヶ月半ほど普通の筋トレを中断して、
加圧トレーニングのみをやった結果、脚周りが2センチ程大きくなりました。


このような事もあるので、加圧トレーニングでは
筋肉がつかない、という事はないですが、普通の筋トレと
比べたらやはり筋肉はつきにくいのかな、って思います。

っていうか、普通の筋トレより加圧トレーニングの
方が筋肉がつくならボディビルダーはみんな
加圧トレーニングだけをしていますから(笑)


あと、加圧トレーニングは通常の筋トレと違って
軽い負荷でできるので、怪我をしにくい、とも言われていますね。

これも合っている、と言えば合っていますが、普通の筋トレも
上手に負荷をかけることが出来れば、それほど重い重量を
扱わなくても細マッチョくらいは全然なれます。


要するに、普通の筋トレもやり方次第で怪我の
リスクも少なくなるので、筋肉を付けたいならば
加圧トレーニングにこだわらなくても良い、って事ですね。


血液の流れが良くなる

加圧トレーニングは、1部位をトレーニングする度に
圧をかけたり、弱めたりするので血管が強くなる、と言われています。


血管が強くなる事で血行がよくなったり、血液量自体も多く
なったりするので、代謝が良くなると言われています。


そうなってくると、改善されやすい症状が肩こりや冷え性です。

この効果に関しては、私はあまり実感はなかったですね。


肩こりは以前あったのですが、これは筋トレを始めたことによって
ほとんど完治したので、肩こりは加圧トレーニングじゃなくても
普通の筋トレで改善されました。


冷え性に関しても、元々私は冷え性じゃなかったですが、
体温が低かったんです。確か35度台でした。


しかし、これも加圧トレーニングじゃなくて普通の筋トレを
することで、平熱が37度近くになりました。

ですので、冷え性に関しても普通の筋トレをすることで
改善されていくのではないか、と思います。


もちろん、肩こりにしても冷え性にしても加圧トレーニングで
改善される可能性は高いと思いますよ。

スポンサーリンク
 

体の回復が早くなりやすい

加圧トレーニングをすると、成長ホルモンがいっぱい出る、
というのを聞いたことがあると思いますが、その成長ホルモンの
分泌によって怪我などした時に回復が通常よりも早くなる、
という研究結果が出ているそうです。


これに関しては私自身そういう経験はないので、
「効果がありますよ」と大きい声で言う事は出来ませんが、
研究結果で出ているのならそうなのでしょう。


アンチエイジングに良い

先程も言いましたが、加圧トレーニングをすると成長ホルモンが
たくさん出る、と言われていて、その量は普通の状態に比べて
約290倍もの成長ホルモンが出た、という研究結果があります。

その成長ホルモンがたくさん分泌すればするほど、
肌が綺麗になる、と言われていますね。


ただ、この普通の状態に比べて290倍の
成長ホルモンが出る、というのはかなり大げさだと思います。
私は、多分そこまで出ないと思います。

毎回加圧トレーニングする度にそんなに出たら
かなりすごい効果が誰でも出るはずですが、私自身
そこまでの効果は感じられなかったですね。


若返る、ということに関して言えば普通の筋トレだけでも若返ります。

それに、普通の筋トレでも成長ホルモンは出ますからね。


この成長ホルモンの分泌に関していえば、加圧トレーニングでも
普通のトレーニングでも成長ホルモンが出やすいのは大きい筋肉の
トレーニングをした時の方が出やすいです。


そして、色々なトレーナーと話して情報収集した結果、

「脚のトレーニング以外はあまり成長ホルモンは出ないのではないか?」

というのが私の現在の結論ですね。

ですので、加圧トレーニングで成長ホルモンを出したい場合は、
脚のトレーニングをガッツリやるのが良いと思います。


ダイエットの効果が高い

これも先ほど言った成長ホルモンが関係してきます。

成長ホルモンは10代20代前半までたくさん出るホルモンです。

この頃って食べてもあまり太らない、
という経験をしてきた人も多いはずです。


また、少々食べ過ぎて太ってもダイエットしたら
すぐ元に戻れた、なんて事もあったと思います。

あなたはどうだったでしょうか?


このように成長ホルモンの分泌が多いと太りにくい体に
なれますし、筋肉をつけやすい体になることも出来ます。

成長ホルモンが素晴らしいホルモンというのに
間違いはないのですが、先程も言ったように加圧トレーニングを
やれば必ずたくさん成長ホルモンが出る、とは限りません。


脚のトレーニングをかなり追い込むつもりでそれを
継続してやっていけばダイエット効果も高いと思います。

その際は、有酸素運動も少し絡めてあとは食事さえ気をつけておけば
かなり高い確率でかっこいい体、美ボディーになれると思います。


まとめ

加圧トレーニングの効果は、


・筋力アップや筋肉がつく効果は場合によってあるが、
それほどないと思われます。

・回復力が高まると言われていますが、
私は実感したことはないので何とも言えません。

・脚のトレーニングに限っては成長ホルモンが出やすいと思われます。
ちなみにこれは普通のトレーニングにも言えます。

・成長ホルモンの分泌によってダイエット効果が高い、脂肪燃焼しやすい、
と言われていますが、それは私は体感したことは無いです。



今回は、完全に私の意見を混ぜてお話ししてしまいました。

私自身、加圧トレーニングを数ヶ月やっていたので、
ある程度話に説得力はあるかと思います。
ちなみに現在は、加圧トレーニングはやっていません。
また気が向いた時にやるかもしれませんが・・・。


あと、加圧トレーニングも普通の筋トレもそうですが、
実践する人によって効果は大きく違ってくる場合があるので、
私の意見を全て鵜呑みにする必要はないと思います。



加圧トレーニングに興味がある人は、参考程度にしてくれたら幸いです。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
 

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブのセール情報

■初回購入の場合、クーポンコード IHERBJP10 を入力する事で10ドルの割引を受ける事ができます。

■特別無料配送セール・40ドル以上の注文で送料が無料になります。

・40ドル以上の注文で10%OFFセール開催中・その際は、ショッピングカートでプロモコード ENJOY10 を入力してください。(日本時間5月30日(火)午前2時まで)

・オールマックスニュートリションの製品(プロテイン等)が15%OFFになります。(日本時間で6月1日(木)午前2時まで)

マイプロテインのセール情報

■月一セール・いちご味が全品30%OFF

・割引コードは ICHIGO30 です。

・その他、毎日色々なカテゴリーでセール中(最高80%OFF)

スポンサーリンク
 

今回の記事を読んで気に入って頂けましたらシェアして頂けると幸いです。


理想の体型と
理想のライフスタイル

この2つを自由にコントロールしながら、
人生を楽しむ方法を情報発信しています。

1 個のコメント

  • こんにちは!

    加圧だけでホルモンがたくさん出るならキツい脚のトレーニングをわざわざする必要はないですがやはり賛否両論ありますよね、このカテゴリーは(笑)

    やはり持続と管理が遠いようで一番の近道な気がしますが
    春頃に「ダイエット」って単語が流行る様に、新しい何かが出てくるとみんなすがりつくのでその流れで加圧トレーニングももてはやされた気がします。

    呼吸と伸展、収縮、捻りと鍛える筋肉に意識を集中する事がオーソドックスでいいような気がしますね!
    新しい器具や道具を揃えて結果がほとんど見られなかったらちょっとヘコんでしまいますしね(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です