筋トレで大事なのはスタートポジションです

この記事の所要時間: 32

sutaato


何かこの話、ちょくちょくしているような気がしますが、
大切な事なので改めてお話しようと思います。



トレーニングを始める時、何でもそうですが必ずこれから
鍛えようとする部位、例えば腹筋を鍛えようと思ったら
スタートポジションで腹筋にしっかり負荷がかかった状態で
始めることが大切になってきます。

そこから負荷を抜くこと無く、収縮して伸展する。
この流れを何回もやることで腹筋の筋肉が発達します。



スタートポジションで負荷が抜けた状態でトレーニングを始めると、
途中から負荷をしっかりかける、という事はなかな出来ないと思います。

ですから、最初から最後まで負荷をかけ続けたトレーニングを
心がけるには最初に負荷をかけた状態を作ることが大切になってきます。

まず、ここを気をつけるようにしましょう。



せっかくなので、今回は腹筋でのスタートポジションの
状態を簡潔に説明しておきますね。

クランチ

肩甲骨を地面から浮かした状態で思いっきり腹筋に力を入れてみてください。
背中は真っ直ぐ、というよりも
少しだけ丸まった感じになるかもしれません。


息を吐きながらおもいっきり力を入れた状態で、
腹筋が痛い感じだったらそこがスタートポジションです。


詳しいクランチのやり方は、下記の記事を参考にしてください。

家で簡単に腹筋を割る方法を知りたい人へ・・・


レッグレイズ

つま先と脚ををピンと伸ばし、脚を少し浮かして
腹筋に思いっきり力を入れてみてください。
上半身は、少し浮く感じになると思います。

スポンサーリンク
 
あとはクランチと一緒で、息を吐き切ってみて
1番腹筋が痛い場所がスタートポジションです。


詳しいレッグレイズのやり方は、下記の記事を参考にしてください

下っ腹を筋トレで鍛えて、かっこいい腹筋を作る方法


ニートゥーチェスト

脚を真っ直ぐピンと伸ばすか伸ばさないかくらいの状態で、
腹筋だけにおもいっきり力を入れてみてください、

1番腹筋が痛いと思うところがスタートポジションです。


詳しいニートゥーチェストのやり方は、下記の記事を参考にしてください。

下腹部を鍛える筋トレ・ニートゥーチェストのやり方とは?




さて、こんな感じで筋トレは最初、スタートポジションで
しっかり負荷をかけることが出来れば、あとはその負荷を
逃さないように収縮と伸展の動作を繰り返すだけです。

って、簡単に言ってしまいましたが、
それがかなり難しいし、そしてとっても奥が深いです。


でも、1つ1つレベルを上げていけば、短時間のトレーニングでも
効果が出てきますし、体も変わってくると思います。



あとは、食事量や体質にもよって多少効果は
変わりますが、それでも何も考えずトレーニングしている
よりは、はるかに効果が違ってくると思います。


根性でやる、ずっと継続してやる。
これでも変わらないことはないですが、やっぱり効率的に
変わったほうがいいですよね。

ですから、スタートポジションがまだうまくできていない人は、
1回1回目的の部位に負荷がかかった状態で始められているか?
を確認しながらトレーニングしてみると良いと思いますよ。



他の部位のスタートポジションについても機会があれば
記事にしたいと思います。

それではまた。

関連コンテンツ

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブのセール情報

■新規購入の場合、クーポンコード IHERBJP10 を入力する事で10ドルの割引を受ける事ができます。

■初回のアプリの注文で5ドル割引・プロモコードは APPS2017 です。(2017年8月30日終了)

・マッスルテックの商品(プロテインなど)が10%OFF(7月31日(月)まで)・詳細は、こちらからどうぞ。

・プレワークアウト15%OFF(日本時間7月27日(木)午前2時まで)

スポンサーリンク
 

マイプロテインのセール情報

■月一セール・いちご味が全品30%OFF

・割引コードは ICHIGO30 です。

・その他、毎日色々なカテゴリーでセール中(最高80%OFF)

スポンサーリンク
 

今回の記事を読んで気に入って頂けましたらシェアして頂けると幸いです。


理想の体型と
理想のライフスタイル

この2つを自由にコントロールしながら、
人生を楽しむ方法を情報発信しています。

1 個のコメント

  • 長田さんのブログでは感覚が掴めなかったスタートポジションがよく分かったような気がしました。腹筋を確実にヒットできるように精進します。他の部位についてのスタートポジションの記事がアップされる日を楽しみに待っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です