お腹周りを引き締めるには、内臓脂肪を減らすのが一番です

この記事の所要時間: 234

fukkinn

30歳を超える年齢になってくると、
今まで同じ食事をしていてもお腹周りに
内臓脂肪が付きやすくなります。


その原因は、代謝が下がる事が主な要因
ですが、実は、内臓の機能が低下している
場合が原因になっている事もあります。


内臓(腎臓や肝臓など)の機能が低下して、
血の流れなどが悪くなった場合、
お腹周りの体温が下がる場合があります。


そうなってくると、人間の体は防衛本能が働き、

「内臓を冷やすとヤバい」

と感知して、内臓の周りに脂肪をつけようとします。
内臓を温める為ですね。


そして、どんどんお腹周りに脂肪がつきやすくなります。
そう、今までと同じ食事量でも、です。

そうならない対策をお話します。


お腹周りのを引き締めに役立つ対策

■お腹周りの血の流れを良くするため、ストレッチをする

お腹周りの柔軟性が無い人は、血の流れが悪くなりがちです。
お腹周り、腰回りの柔軟性を高める為に、
お風呂上りなどにストレッチをすると良いでしょう。


正直言うと、ストレッチが面倒くさい私は
あまりやっていませんが・・・(苦笑)
本当はやらなきゃダメですけど。

スポンサーリンク
 
■暖かい食べ物や、飲み物を積極的に摂る

基本的に、健康を意識している場合や、代謝の高い体質を
維持したい場合は、暖かい食べ物を中心にメニューを組みましょう。
食べ物でいったら、体が温まる食べ物が良いですね。
世間でよく言われている唐辛子やショウガなどが入った料理などです。


また、飲み物でも例えば水やお茶を飲む場合、
常温以上で飲むことをお勧めします。




■体を冷やす食べ物、飲み物をは極力避ける

冷たいビールをたくさん飲む、とか、アイスを食べまくる、とか
そういう食生活は毎日はやめましょう。
たまになら良いと思いますが、こういう生活は内臓を
冷やす原因になります。


まとめ

上記の方法を、少しずつ意識して普段の生活に取り入れて
いけば、お腹の引き締めに有効だと思います。
特に30代以降の男性と女性におすすめです。

ただ、この方法はすぐ効果が表れるものではありません。
ありませんが、継続した人には小さなご褒美と
なって返ってくると思います。


効率的にお腹を引き締めたい、短期間でお腹を引き締めたいのであれば、
食事管理や、筋トレなどの運動が必要になってきます。
下記の記事を参考にしてみてくださいね。

お腹周りの脂肪の落とし方は、女性も男性もやる事は一緒です

下っ腹の痩せ方は、女も男も同じです

タンパク質の多い食品でお勧めを紹介します




やっぱり、かっこいい体を作るにも維持するにも
大切な事は、継続する事ですよ。


そうそう、冬場の寒い季節などは、腹巻をしてお腹を
冷やさないようにするのも良いですよ。お試しあれ

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

オールマックスニュートリション(ALLMAX Nutrition)のプロテインが20%OFF(日本時間で1月26日(木)午前3時に終了)

・オールホエイクラシックなら3400円台、オールホエイゴールドなら5000円台で購入できます

■2000点以上の製品が新低価格となって登場

・オプチマム(ゴールドスタンダードプロテイン)や、マッスルテック(ナイトロテックのプロテイン)等のプロテインも低価格になりました

今回の記事を読んで気に入って頂けましたらシェアして頂けると幸いです。

かっこいい体を手に入れ、やりたい事をやる
ライフスタイルを手に入れたいあなたへ


脂肪の少ない引き締まった体型を作って、その体型を維持していく方法や、効果的な筋トレ、食事法なども紹介しています。 また、ネットビジネスやライフスタイルをコントロールしていく方法についてもお話しています。

4 件のコメント

  • すいません。質問させてください。

    過去の記事で『1部位あたり6~15セット』と多めのセット数でトレーニングをすることをおすすめされていますが、後半のセットになるにしたがって筋肉が疲労してきて、筋肥大に有効な『8~12回』の範囲におさめることが難しくなってきます。できる回数が8回未満になっても、そこからさらに数セット行うべきでしょうか?

    • 扱っている重量を減らせば、後半のセットになっても
      出来る回数は8回以上になるはずですが、それは
      できませんか?

      あと、補足ですが、むやみにセット数を増やすのは
      ダメですが、しっかり目的の部位に効かすことが
      出来ていれば、増やすのは良いです。

  • 返信ありがとうございます。ダンベルなどを利用するトレーニングなどは良いのですが、クランチなどの自重を利用するトレーニングだと、これ以上負荷を下げるのが難しいということがあります。

    かなり根本的な質問になってしまいますが、効かせられているかはどこで判断すればよいのでしょうか?

    • 返信遅くなりました。

      そうですね、例えばクランチだったらお腹が焼付く、または、
      お腹がつるような感覚になれば、効かせられていると判断
      しても良いと思います。

      あとは、限界の回数までやる事です。
      頑張ってくださいね(^_^.)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です