体脂肪をなるべくつけずに筋肉をつける食事法とは?

この記事の所要時間: 30

筋肉をつける為には、必ず消費カロリーよりも
摂取カロリーが上回る必要があります。


そして、体脂肪をなるべくつけないように筋肉をつけるには、
自分の1日の摂取カロリーをしっかりと把握しておく必要があります。

例えば、あなたが1日2000カロリーを摂取していて、
体重、体脂肪が全く変わらなければ、


消費カロリー=摂取カロリー


という図式が成り立ちます。


筋肉をつける為には、消費カロリーよりも摂取カロリーを
多くしなければいけないので、2000カロリーよりも
多くカロリーを摂取する必要があります。


「じゃあ、体脂肪をなるべくつけないように
筋肉をつけるにはどのくらいカロリーを摂取すればいいの?」

という事ですが・・・・


私の今までの経験だと、まずは、今現在の摂取カロリーに
1割ほど足してやるのが良いと思います。


つまり、今現在2000カロリーを摂取していて
消費カロリー=摂取カロリーだった場合、
2200カロリー摂取してみましょう、という事です。
(人によっては2割、2400カロリー摂取しても良いです)


ただし、こうやって摂取カロリーを増やすのは、
筋トレをする日のみです。


筋トレをしない日は、2000カロリーそのままか?
もしくは少し減らしても良い場合があります。
1800カロリーや1900カロリーに減らしてみる。
(これは、体質やその人に状況によって変わります)


筋トレをする日は、摂取カロリーを増やし、筋トレをしない日は
筋肉を維持、体脂肪を増やさないために摂取カロリーを維持、
または少し減らす、という方法です。


このやり方は、私も筋肉量を維持、体脂肪率維持で
効果を実感しているので、良かったら試してみてください。

ただし、摂取カロリーの中身は、しっかり栄養のあるものを食べてくださいね。

スポンサーリンク
 
筋肉をつける食事の内容はこちらの記事を参考にしてください。

筋肉をつける食べ物だけを選び、効率よく筋肉をつけよう


体脂肪をなるべくつけずに筋肉をつけるには、
しっかりとタンパク質を摂取する事が大切です。

下記の記事ではタンパク質を多く含む食品を紹介しているので、
良かったら参考にしてみてください。

タンパク質の多い食品でお勧めを紹介します

まとめ

体脂肪をなるべく増やさず、筋肉をつける食事法は、
体重、体脂肪率がプラスマイナスゼロの状態の
摂取カロリーに1割~2割ほど足したカロリーを摂取する事。


ただし、それは筋トレをする日だけにする。


筋トレをしない日は、体重、体脂肪率がプラスマイナスゼロの
摂取カロリーか、もしくは1割~2割ほど減らしてみる。


効果が出る摂取カロリーは、人によって多少上下する事を知っておきましょう。

1週間スパンで毎日自分の体重、体脂肪を測って検証してみると良いと思います。


かっこいい体に最短になる方法って、
結局自分の体をよく研究して、結果から修正する方法を
早く知るだけなんですよね。

もちろん、トレーニングもしっかりやらないと、筋肉はちゃんとついて
こないので、しっかり目的の部位に負荷をかけたトレーニングをしましょう。


良かったら下記の記事も参考にしてみてくださいね。

ダンベルを使った筋トレで、初心者はどんなメニューをやればいいのか?

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

オールマックスニュートリション(ALLMAX Nutrition)のプロテインが20%OFF(日本時間で1月26日(木)午前3時に終了)

・オールホエイクラシックなら3400円台、オールホエイゴールドなら5000円台で購入できます

■2000点以上の製品が新低価格となって登場

・オプチマム(ゴールドスタンダードプロテイン)や、マッスルテック(ナイトロテックのプロテイン)等のプロテインも低価格になりました

今回の記事を読んで気に入って頂けましたらシェアして頂けると幸いです。

かっこいい体を手に入れ、やりたい事をやる
ライフスタイルを手に入れたいあなたへ


脂肪の少ない引き締まった体型を作って、その体型を維持していく方法や、効果的な筋トレ、食事法なども紹介しています。 また、ネットビジネスやライフスタイルをコントロールしていく方法についてもお話しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です