アジャスタブルダンベルのおすすめはMotions!理由は?

モーションズ

最近は、自宅でダンベルを使って筋トレをする人の中で、簡単に素早く重量を変えられるアジャスタブルダンベル(可変式ダンベル)が人気になっているようです。

そこで今回は、現時点でアジャスタブルダンベルでおすすめできるメーカー、Motions(モーションズ)を紹介します。

 

何故、Motions(モーションズ)のアジャスタブルダンベルがおすすめなのか?

また、アジャスタブルダンベルのメリットや、デメリットも紹介していきたいと思います。

 

その前に、ダンベルの種類についてや、最近のアジャスタブルダンベルの状況にについて軽く解説します。

ダンベルの種類と歴史

ダンベル
私が子供の頃は、筋トレ自体もまだ現在に比べて流行っていなかったこともあり、日本だと重量を変えることが出来ない両隅が丸い形状のダンベルが普通だったと思います。

 

その後に、重量を調節出来るダンベルが普及してきました。

現在でも、主流になっているプレート(重り)を付け加えたり、減らしたりすることで重量を変えることができるダンベルです。

 

また、少し前にパワーブロックというロックピンを抜き差しすることで、一瞬で重量を変えることが出来る可変式ダンベルが登場します。(形が四角っぽいやつです)

しかし、このパワーブロックは、2個セットで10万円以上(確か12万円)する高価なダンベルでしたし、壊れやすいという噂もあって、それほど一般には普及していませんでした。(重量表記もポンドなので、分かりづらい)

 

そして、登場したのが一般的なダンベルと形が似ている可変式ダンベル、アジャスタブルダンベルです。

現在のアジャスタブルダンベル

ボウフレックス
アジャスタブルダンベルというのを最初に販売したのはボウフレックスというメーカー(ブランド)。

 

ただ、ボウフレックスのアジャスタブルダンベルは、1個(片方)の価格が5万円くらいするので、2つセットで購入すると約10万円。

さすがに、10万円は一般市民からしたら購入するのをためらうレベルなので、それほど人気にはなっていませんでした。

 

しかし、最近になって、他のメーカーがボウフレックスよりも、安価でアジャスタブルダンベルを販売するようになって、一般市民からも人気となってきました。

その中でも、アジャスタブルダンベルとしての性能も、ボウフレックスとほぼ一緒で、価格も約半分くらいで販売しているのがMotions(モーションズ)というメーカー。

 

安価な上に、性能もあまり変わらないことから、この記事ではMotions(モーションズ)のアジャスタブルダンベルをおすすめしているというわけです。

という事で、話が少しそれましたが、早速アジャスタブルダンベルのメリットやデメリットを紹介するとともに、Motions(モーションズ)が何故おすすめなのか?というところも言及していきたいと思います。

アジャスタブルダンベル(Motions含む)のメリット

重量を一瞬で変えられる


アジャスタブルダンベルの最大の特徴は、

『重量を一瞬で変えられる』

ここでしょう。

 

一般的なダンベルは、毎回スピンロックを外して、プレートを足したり減らしたりして重量を設定するのに対して、Motions(モーションズ)のアジャスタブルダンベルは、ダイヤル式になっていて、ダイヤルを自分の設定したい重量に合わせるだけ。

合わせたら、ダンベルを持って引き上げるだけで、設定した重量のダンベルが出来上がります。

 

正直なところ、アジャスタブルダンベルに慣れてしまったら、普通のダンベルで重量変更するのが馬鹿らしくなるかもしれません。


※現在、24kgセットは購入できますが、40kgセットは、ご好評につき在庫が無くなってしまったので、購入したい場合は、2018年2月中旬まで待って頂く必要があります。

15段階と17段階の重量設定ができる

Motionsダンベル
Motions(モーションズ)のアジャスタブルダンベルは、最大重量が24kgと40kgの2種類あります。

 

それらのダンベルはそれぞれ
  • 24kgセットの場合 15段階切り替え
  • 40kgセットの場合 17段階切り替え
このように15〜17段階で重量を自由に変えることが出来ます。

 

自分の状態に合わせて、細かい重量設定が素早くできるので、かなりトレーニングはしやすいはず。

この重量設定の切り替え段階方式の作りは、先ほど紹介した世界で1番売れているボウフレックスのアジャスタブルダンベルとほぼ同じです。

 

ちなみに、Motions(モーションズ)の重量設定は以下のようになっています。

15段階(24kgセット)

2.5kg 3.5kg 4.5kg 5.5kg 6.5kg 8kg 9kg 10kg 11.5kg 13.5kg 16kg 18kg 20.5kg 22.5kg 24kg
17段階(40kgセット)

5kg 7kg 9kg 11kg 13kg 15kg 18kg 20kg 22kg 25kg 27kg 29kg 32kg 34kg 36kg 38kg 40kg

セット法が実践しやすい

これは、筋トレをしている人でも中級者や上級者限定になってくるのですが、アジャスタブルダンベルを使用することによって、セット法が実践しやすくなります。

 

特に、アジャスタブルダンベルを使用することで、
  • スーパーセット法
  • ドロップセット法
  • コンパウンド法
この3つを実践しやすくなります。

 

スーパーセット法というのは、拮抗している筋肉を連続してトレーニングする方法です。

 

例えば、上腕三頭筋(二の腕)と上腕二頭筋(力こぶ)は、拮抗している筋肉なので、その2つをインターバル(筋トレ間の休憩)無しで、連続して鍛える方法をスーパーセット法と言います。

普通のダンベルの場合、重量を変える時にプレートをいちいち外してやっていたら休憩する時間ができてしまいます。

しかし、アジャスタブルダンベルだと一瞬で重量を変えられるので、スーパーセット法を実践するのも可能だというわけです。

 

ドロップセット法というのは、鍛える筋肉をインターバル(筋トレ間の休憩)無しで、重量をどんどん落としながら3セット以上するトレーニング方法のこと。

このドロップセット法も、一瞬で重量を変えられるというアジャスタブルダンベルの特性があるからこそできるトレーニング方法です。

 

コンパウンド法というのは、1つの筋肉の部位を鍛える時に、2種類の種目を休憩無しで連続で行うこと。

 

先程紹介したスーパーセット法は、拮抗筋を休憩無しで鍛える方法でしたが、コンパウンド法は、胸の筋肉だったら例えば、

ダンベルプレス⇒ダンベルフライ

これを休憩無しで連続で鍛える方法のことです。

かなりキツイセット法ですし、トレーニング強度も高いので、普通の人がやることはあまりないと思いますが、紹介しておきました。

 

こうしてみると、自宅で筋トレをしている中級者以上の筋トレ実践者にとっては、セット法が実践できるのは嬉しいメリットと言えるでしょう。

省スペース


何といっても、アジャスタブルダンベルは、台座があってそこにダンベルをセットして自由に重量を変えられるので、場所を取りません。

ダンベル2つ分のスペースがあればいいわけです。

 

逆に、普通のダンベルだと全てのプレートをセットしていない時は、外したプレートを置く場所が必要になってしまいます。

そう考えると、アジャスタブルダンベルは省スペースで場所も取らないですし、部屋自体もダンベルのプレートで散らかることもないので、そういうのが嫌な人にはもってこいのダンベルです。

床を傷つけにくい

ラバー付きの一般的なダンベルも床を傷つけにくいですが、アジャスタブルダンベルもカバーが樹脂になっているので、床を傷つけにくくなっています。

重さを変える時に音が静か

一般のダンベルだと、重量を変えるためにプレートを交換する度に金属音がするのに対して、アジャスタブルダンベルは、重量を変える時は、ダンベルを台座で抜き差しするだけなので、音は静かです。

オンザニーがしやすい(底が平らだから)

胸の種目のダンベルプレスや、肩の種目のショルダープレスを行う際に、扱う重量が重くなってくると、ダンベルをスタートポジションに持ってくるのが困難になってきます。

 

そこで、オンザニーというテクニックを使うことで、楽にトレーニングのスタートポジションを作れます。

このオンザニーを普通のダンベルでやる場合、横に飛び出たシャフトが脚に突き刺さって痛いですし、置く場所をズラしたとしても、オンザニーをやりにくいのが難点。

 

しかし、Motions(モーションズ)のアジャスタブルダンベルの場合は、底が平らですし、ダイヤル部分もゴム製なので、太ももが痛くありません。

つまり、オンザニーをやりやすいということです。

 

オンザニーがイマイチ分かりにくいという場合は、下記の動画を参考にしていただくと、分かりやすいと思います。

アジャスタブルダンベル(Motions含む)のデメリット

グリップが太い

このデメリットは、どのメーカーのアジャスタブルダンベルにも言えることだと思います。

グリップが太いということは、特に手の小さい人にとってはダンベルを持ちにくいですし、握り込んだ時も、細いグリップに比べて握力が必要になります。

 

また、人によってはトレーニング中に前腕にも力が入りやすくなります。

という事は、場合によっては鍛えたい部位を効率的に鍛えられない可能性があるということです。

 

例えば、ダンベルプレスをする際にグリップが太いことで、
  • スタートポジションを作るまでに握力を必要以上に使う
  • 胸の筋肉よりも、前腕の筋肉が鍛えられてしまう
このようになってしまう可能性があります。

 

そうならないようにするためには、ダンベルプレスに限って言えば、グリップを強く握り込まないことですね。

スタートポジションまで持ってくる時は、しっかり握っておく必要があります(落としてしまうから)が、トレーニングをしている時は、グリップを強く握り込まないことで、胸の筋肉に負荷をの乗せやすくなります。

背中などのプル系(引く)のトレーニングの場合は、リストストラップなどを使って、握力が無くなっても最後までトレーニングができる工夫をすると良いでしょう。


筋トレ初心者や女性は、こういうトレーニングを補助する器具を最初から購入したほうが結果を早く出せますよ。

横幅が広くてカール系の種目がやりづらい


アジャスタブルダンベルだけにあるデメリットが、横幅が広くてカール系の種目がやりづらいということ。

 

アジャスタブルダンベルは、普通のダンベルよりも大きい作りになっていて、重量を軽めに設定しても、横幅は変わらない為、ダンベルカールなどの体の横を通る軌道の種目は、体にダンベルが当たってしまい、上手く出来ません。

これはどうにもならないので、体をズラしながらカール系の種目をするか、あるいは、体が当たらない範囲の狭い可動域でやるか・・・ですね。

慣れるまでダンベルを台座に戻しにくい(コツがいる)

慣れてくればスムーズにできると思うのですが、最初はダンベルと台座に戻す時にプレートがぶつかってスムーズにセットできない場合があります。

 

まあ、デメリットというほどのものではないのですが、こればかりは慣れるまで何度も同じ動作を繰り返していくことが重要だと思います。

慣れれば、重量の切り替えもスムーズになるはずです。

Motions(モーションズ)がおすすめな理由

持つ部分にラバーがついている


Motions(モーションズ)のアジャスタブルダンベルは、グリップの部分にラバーがついています。

これがあることによって、グリップを握った際も滑りにくくなっているので、この点は他のメーカーよりも優れていると言えるでしょう。

 

また、先程デメリットのところでも話したように、アジャスタブルダンベルのグリップは、普通のダンベルに比べて太いので握り込みにくい。

そう考えると、ラバーが巻いてあったほうがしっかり握り込みやすいと言えます。

重量の誤差がほぼ無い

アジャスタブルダンベルで1番人気があるのはダイヤル式なのですが、このダイヤル式は他のメーカーだと重量の誤差があるようです。

 

例えば、他のメーカー(ワイルドフィットなど)40kgセットを購入したのに実際の重量を測ってみたら、重量は37.5kgだったとか・・・。

実際、そういうレビューもあります。(購入者レビューで確認できます)


一方、Motions(モーションズ)のアジャスタブルダンベルの重量の誤差は、ほとんどありません。

Motions(モーションズ)のアジャスタブルダンベルの重量の誤差は、現時点で100g前後しかないと言われているので、かなり優秀だというのが分かると思います。

値段が安価

Motions(モーションズ)のアジャスタブルダンベルをおすすめできる1番の理由は、価格が安価な上に性能も悪くなく、重量誤差もほとんど無いからです。

Motions(モーションズ)と同じくらいの値段で、他のメーカー(ワイルドフィットなど)もアジャスタブルダンベルを販売しているのですが、先程も説明したように重量の誤差があるようなので、あまりおすすめできません。

 

ちなみに、Motions(モーションズ)のアジャスタブルダンベルの価格は、
  • 24kgセット  29800円
  • 40kgセット  49800円
となっています。

 

現時点だと、MRGというメーカーのアジャスタブルダンベルが40kgセットで35780円とかなり安価で販売していますが、購入者レビューも無いので、何とも言えません。

安価だから・・・と言って購入したら、重量の誤差があったり、作りが良くなかっりすることもあるので、現時点では安いなりの商品と言わざる得ないでしょう。

 

そう考えると、購入者の評判も良いMotions(モーションズ)のアジャスタブルダンベルを選択したほうが良いと言えるでしょう。


※現在、24kgセットは購入できますが、40kgセットは、ご好評につき在庫が無くなってしまったので、購入したい場合は、2018年2月中旬まで待って頂く必要があります。

トレーニンググローブがついてくる

グリップが太いことで起こる
  • 持ちにくい
  • 握力が無くなる
こういったデメリットを解消するためだと思うのですが、Motions(モーションズ)のアジャスタブルダンベルを購入すると、特典としてトレーニンググローブがついてきます。

 

トレーニンググローブの色もブルーとピンクの2色から選べるので、男性にも女性にも嬉しい特典だと思います。

運営会社の存在がしっかりしている

Motions(モーションズ)は、ホームページを見る限りでは、会社名や住所、電話番号などもきっちり明記されていて、運営会社としての存在がしっかりしているようです。

 

もし、気になるようでしたら、一度問い合わせをしてみるのも良いでしょう。

店名 Motions(モーションズ)

会社名 株式会社コンプライアンス

住所 〒810-0075

福岡県福岡市中央区港2-7-3 Avanti2F

電話番号 092-791-3136

FAX番号 092-791-3176

メールアドレス info@motions-shop.jp

営業時間 10:00~17:00

取扱商品 Motions式ダンベル(可変式アジャスタブルダンベル)をはじめとするトレーニング用品およびドローンなどの玩具

出典  https://motions-shop.jp/order/index.php

3ヶ月保証がついている


先程紹介しましたが、Motions(モーションズ)は、運営会社の存在がしっかりしているようですし、3ヶ月の無料保証がついてきます。

 

もし、3ヶ月以内に何かあったらすぐ連絡すると良いでしょう。

保証内容は以下になります。

3ヶ月メーカー保証はダンベル本体のみの保証となります。ダンベルを置く付属品のラックは保証の対象外となりますのでご注意ください。
プレートの落下には十分注意してご利用下さい。ダンベル使用中の事故や怪我につきましては当社は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

デメリットを1つ紹介

Motions(モーションズ)のアジャスタブルダンベルのデメリットを1つ紹介しておきますが、それは説明書が英語表記になっている、ということ。

 

ただ、説明書が英語であったとしても、アジャスタブルダンベルの使用方法はダイヤルを回して重量を変えるだけなので、あまり問題はありません。

書いてあることも、誰もが分かりきったような基本的な注意事項だけですから、説明書が英語でもデメリットとは言えないかな、と思います。

アジャスタブルダンベルは何kgセットが良いのか?

アジャスタブルダンベルは、だいたいどのメーカーも
  • 24kgセット
  • 40kgセット
の2種類が販売されています。

 

ここで、アジャスタブルダンベルを購入検討した場合、

『どちらを購入した方が良いのか?』

という疑問が浮かぶ人もいるでしょう。

 

この回答は至ってシンプルで、
  • 女性の場合は24kgセット
  • 男性の場合は40kgセット
このようにすれば良いでしょう。

 

筋トレ初心者の男性が、自宅のみでアジャスタブルダンベルを使って本格的に筋トレをしていった場合、24kgセットを購入してしまうと必ず途中で重量が足りなくなります。

筋トレを継続してやっていくと、胸の種目(ダンベルプレス)や、背中の種目(ダンベルベントオーバーローイング)をする時は、最低でも30kg以上のダンベルは必要になってきます。

 

そう考えると、筋トレ初心者だったとしても、男性の場合は、後々のことを考えて、40kgセットを購入しておいたほうが良いでしょう。

女性は、24kgセットで充分です。

まとめ

今回は、現在おすすめできるアジャスタブルダンベルとして、Motions(モーションズ)を紹介してきました。

何故、Motions(モーションズ)のアジャスタブルダンベルがおすすめなのか?というところや、アジャスタブルダンベルのメリットやデメリットについても言及しました。

 

アジャスタブルダンベルは、自宅で本格的に筋トレを始める人にとっては、デメリットも少ないダンベルなので、基本的にはおすすめ。

少し前までは、値段が高くて手が出せなかったのは事実としてありましたが、それを解消してくれたのがMotions(モーションズ)のアジャスタブルダンベル。

ほとんど性能は落ちること無く、価格だけを半分まで下げてくれたことで、購入しやすくなりました。

 

また、他のメーカーでも同じような価格でアジャスタブルダンベルを販売しているみたいですが、重量の誤差があって実際の重量よりも軽いという購入者のレビューもあることからあまりおすすめできません。

これらの事を考慮していくと、現時点でアジャスタブルダンベルのおすすめはMotions(モーションズ)ということになります。

 

もし、現時点でアジャスタブルダンベルに興味がある場合は、Motions(モーションズ)の公式サイトで詳細を確認してみてください。


※現在、24kgセットは購入できますが、40kgセットは、ご好評につき在庫が無くなってしまったので、購入したい場合は、2018年2月中旬まで待って頂く必要があります。

 

また、ダンベルの筋トレ(自宅でする場合)に関しては下記の記事で詳しく書いているので、良かったら参考にしてみてください。

ダンベルを使った筋トレで、初心者はどんなメニューをやればいいのか?
筋トレを始めたばかりの人やダンベルを購入したばかりの初心者、女性も男性も含めて筋トレメニューを組む時にどんな風にやっていけばいいのか?ここは、なかなか迷うと...

この記事が参考になれば幸いです。

関連コンテンツ(一部広告)

マイプロテインのセール情報

■毎日、色々な商品(プロテイン・BCAA・HMB・クレアチン・プロテインバー等)がセール中で25%〜最大80%OFF

■プロテインが1kg✕5袋で7655円(1kg1531円以下)

アイハーブの割引クーポンコード一覧

■新規購入の場合、クーポンコード RPV077 を利用することで、全商品が5%の割引を受ける事ができます。

■新規購入の場合、クーポンコード JP2018 を利用する事で10ドルの割引を受ける事ができます。

■上記2つのクーポンコードは併用出来るので、どちらのクーポンコードのリンク先から購入しでも、全商品5%の割引+10ドル割引になります。(下記のピンクのバナーからでも割引適用済み)

アイハーブのセール情報

■リピーター限定・40ドル以上の注文で、クーポンコード HARU5 を利用することで、全商品が5%OFF(4月30日(月)まで)

■リピーター限定・80ドル以上の注文で、クーポンコード HARU10 を利用することで、全商品が10%OFF(4月30日(月)まで)

■マッスルファームの商品(プロテインやプロテインバーなど)が20%OFF

■マッスルテックの商品(プロテインやクレアチンなど)が20%OFF

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク