自宅でダンベルを使って肩を鍛える筋トレを紹介します

この記事の所要時間: 235

筋トレでも肩(三角筋)のトレーニングというのは、
やらない人も中に入るのではないでしょうか。


実は、私も最初の頃は肩のトレーニングをやっていませんでした。

何故なら「肩は、かっこいい体にあまり関係ないと思ったから」


でも、途中から考えが変わったのです。

肩の筋肉がある程度あったほうが、身体の横幅が
広く見えて、逆三角形がより強調されやすく見える


という事に気が付いたのです。

それから、肩のトレーニングを取り入れるようになりました。


そこで今回は、肩のトレーニングの中でも比較的取り入れやすい
シーデットダンベルショルダープレスをご紹介します。

シーデットダンベルショルダープレスのやり方

スタートポジション

最初の姿勢は少しだけ猫背な感じで、ダンベルは肩より
ちょっと下の位置がスタートポジションです。

この時、肩の筋肉(三角筋)に負荷が乗っている感覚が
あるかどうか?をしっかり確認してください。

最初はほとんど分からないと思いますが、少しずつ分かってくると思います。


また、重心は後ろ側(背中)になる方が三角筋に負荷が乗りやすいと思います。

スポンサーリンク
 

腕を上げてくる

上げてくる時に気を付ける事は、
腕は肩から真上に上げるようにすることです。

真上に上げているつもりでも、実際は前方向に
上げている場合があるので、そこは注意が必要です。


あとは、腕を上げきった時にしっかり三頭筋を収縮する事が大切です。

と言っても、腕は伸ばしきってはいけません。
負荷が逃げますし、怪我の元になりますから。

腕を下げてくる

下げきった状態で伸展(三角筋を伸ばす)するわけですが、
この時、必ず肩の真横にダンベルは下ろしてきてください。

顔は少し斜め下を向いた状態になって、
多少ですが、猫背に近い体勢で伸展させる、という感じです。


文章だけでは伝わりにくいと思ったので、
シーデットダンベルショルダープレスの動画を撮ってみました。

良かったら参考にしてみてください。

まとめ

肩のトレーニング、シーデットダンベルショルダープレスは
比較的誰でも取り入れやすいトレーニングです。

ダンベルさえあれば出来ますからね。


肩のトレーニングは、これさえやればいいわけでは
ありませんが、まずはこのシーデットダンベルショルダープレスを
ある程度負荷を乗せられるように練習していきましょう。


ちょっと丸みを帯びた肩が出来れば、体型にもメリハリがついてきますし、
肩のトレーニングをするのも、かっこいい体を手に入れる為にするのです。


頑張っていきましょう。


肩以外で他の筋肉もしっかり鍛えてかっこいい体を
作りたい場合は、下記の記事も参考にしてみてください。

ダンベルを使った筋トレで、初心者はどんなメニューをやればいいのか?


この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

オールマックスニュートリション(ALLMAX Nutrition)のプロテインが20%OFF(日本時間で1月26日(木)午前3時に終了)

・オールホエイクラシックなら3400円台、オールホエイゴールドなら5000円台で購入できます

■2000点以上の製品が新低価格となって登場

・オプチマム(ゴールドスタンダードプロテイン)や、マッスルテック(ナイトロテックのプロテイン)等のプロテインも低価格になりました

今回の記事を読んで気に入って頂けましたらシェアして頂けると幸いです。

かっこいい体を手に入れ、やりたい事をやる
ライフスタイルを手に入れたいあなたへ


脂肪の少ない引き締まった体型を作って、その体型を維持していく方法や、効果的な筋トレ、食事法なども紹介しています。 また、ネットビジネスやライフスタイルをコントロールしていく方法についてもお話しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です