体重は減るけど体脂肪率があまり減らない悩みを解決する方法

この記事の所要時間: 334

たまーにブログやメルマガから

「体重は減るんですけど、体脂肪率があまり減りません。
何か食事や運動のやり方が間違っているのでしょうか?」

という問い合わせがくることがあります。


この問い合わせに対して、詳しくその人の話を聞いてみると、

『体脂肪率という数値はあまり減っていないけど、
体脂肪量として計算してみると、ちゃんと減っている』

という事実が判明する事がよくあります。


これからそのからくりを説明していきましょう。

体脂肪率と体脂肪量を理解する

体脂肪率というのは、『体重に対して体脂肪の割合の数値』の事です。

体脂肪量というのは、名前通り『体脂肪の量の数値』の事です。


では、簡単な計算をしてみましょう。

体重が60キロで体脂肪率が20%のAさんという人がいたとします。


Aさんの体脂肪量を計算すると、

60×0.2(20%)=12

なので、体脂肪量は12キロという事になります。


もし、Aさんが体重が2キロ減って58キロになったけど、
体脂肪率が変わらず、20%だったとします。


ここで計算してみると、

58×0.2(20%)=11.6

なので、体脂肪量は11.6キロという事になります。


さて、ここまで計算したら分かると思いますが、
Aさんは、体重が2キロ減ったのに体脂肪率は20%のまま。

この記事の冒頭で相談したきた
『体重は減るけど体脂肪率が減らない』という状況と一緒です。


しかし、実際の体脂肪量は、

12キロ-11.6キロ=0.4

ですから、実際は『400gの体脂肪が減っていた』という事になります。


つまり、今回のケースでは体重は減って体脂肪率は
変わらなかったとしても、ちゃんと体脂肪は減っているのです。

体脂肪率よりも体脂肪量を重視する

taijyuu

このようなケースはよくあるので、体脂肪率というのは
少し体重が減った状態ではあまり気にする必要はありません。


実際は、体脂肪率としてはあまり減っていないけど、
体脂肪量はちゃんと減っているケースが多いからです。

なので、もしあなたも同じようなケースで悩んでいることがあれば、
一度体脂肪量が減っているか?を計算してみてくだい。


そして、体脂肪率ではなく、体脂肪量を目安にするようにしましょう。

スポンサーリンク
 

まとめと注意点

今回は、体重が減るけど体脂肪率があまり減らないケースに対して、

『実際は、体脂肪量として計算すると、ちゃんと減っていますよ』

という事例をお話しました。


こういう事がよくあるので、これからは体脂肪率ではなく、
体脂肪量が減っているか?ここを重視していくと良いですよ。

ただし・・・


今回の事例では、体重減の幅が小さかった時の話だったので、
あまり気にしなくても良い事例でしたが、体重減の幅が
大きくなってきたにも関わらず、体脂肪率があまり変わらない、
という事になっている場合は、あまり良くありません。

何故なら、筋肉が大幅に減っている可能性があるからです。


体重が沢山減って、体脂肪率があまり変わらない状態でも
計算してみれば分かりますが、体脂肪量はほんの少しずつ減っています。

しかし、それ以上に体重の減り幅が大きいということは、
その減り幅の分だけ筋肉量が減ってしまったということです。


そうなってしまう原因の大半は、

  • 炭水化物を制限し過ぎている
  • 筋トレや有酸素運動をやり過ぎている

このどちらか?あるいは両方だと思います。


割合としては、炭水化物を制限し過ぎているパターンが多いんじゃないかな。

ですから、炭水化物(白米がおすすめ)は、ある程度は
食べていかないと、筋肉が減りやすい可能性が高いですよ。
(食べる時は、タイミングも大事ですが・・・)


もしあなたが、今回のようなケースに
心あたりがある場合は、気をつけてくださいね。


この記事が参考になれば幸いです。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
 

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブのセール情報

■初回購入の場合、クーポンコード WELCOME5 を入力する事で5ドルの割引を受ける事ができます。

■特別無料配送セール(日本時間5月2日(火)午前2時まで)

・40ドル以上の注文で送料が無料になります(重量制限あり)

■マルチビタミン(対象の商品のみ)が10%OFF(日本時間4月27日(木)午前2時まで)

マイプロテインのセール情報

■バニラ味が全品30%OFF

・割引コードは VANILLA30 です。

・その他毎日色々なカテゴリーでセール中

スポンサーリンク