サルコペニア肥満にならない為の運動と食事方法とは?

この記事の所要時間: 445

サルコペニア肥満とは、筋肉量が減って体脂肪量が増えて、
肥満になった人の事を言うのですが、今回はそうならない為の
食事と運動について言及していきたいと思います。


まず、サルコペニア肥満という言葉は最近生まれたかも
しれませんが、元々サルコペニアという言葉は以前からありました。


サルコペニアとは、

「年をとって一定量の筋肉を失った状態の人」

の事を言います。


その年をとった年齢というのも、およそ

・70歳以下の人で20%前後の人

・70歳以上が20%~30%くらい

・80歳以上が50%以上


このくらいの割合の人がサルコペニアと言われています。

himann

このように、おじいちゃんおばあちゃんになれば、
サルコペニアになる確率は上がるのですが、最近は
若い年代(40代)の人でもサルコペニアに近い
症状の人が増えているらしい、との事です。


おまけにサルコペニア肥満になると、糖尿病や
高血圧、高脂質症などの生活習慣病になりやすい、
とも言われているそうです。


この情報を知って、

「それってちょっとヤバくねえ」

と私は思いましたが、あなたはどう思いますか?


40代といえば、まだ体はバリバリ動かせる年代だと
思うのですが、その40代でサルコペニア肥満になるのは

・日頃からよほど運動をしてないか?

・間違った食事方法で無理なダイエットをしてきたか?


このどちらかだと私は思います。

何故なら筋肉量が減って脂肪が増えてしまう、という事は

・食事から必要最低限の栄養を摂れていない

・筋肉を維持する最低限の生活(運動含む)をしていない


この2つのどちらか、もしくは両方をしてないからです。

特に筋肉量が減ってしまう原因は、

『食事から必要最低限の栄養を摂れていない』事です。


よほどの運動不足じゃない限り、食事から最低限必要な
栄養を摂取していれば、脂肪は増える可能性はありますが、
サルコペニアになるほど筋肉が減少するのは考えにくいです。

とすれば、サルコペニア肥満になる原因は

『食事制限をやり過ぎたダイエット』

という答えに行き着きます。

スポンサーリンク
 

・必要最低限の糖質

・必要最低限のタンパク質

・必要最低限の脂質

・必要最低限のビタミン・ミネラル


三大栄養素+微量栄養素がしっかり摂れていてこそ
筋肉をつけることも出来ますし、維持することも出来ます。

また、体脂肪を減らすことも出来るのです。

まあ、筋肉をつけるには筋トレしないといけないですけど。


結局、サルコペニア肥満を予防するには
どうすれば良いか?というと、

『筋トレ+食事でかっこいい体を目指せば良い』

って事です。
別にかっこいい体まで目指さなくてもいいですが(笑)


でも、どうせならサルコペニア肥満を予防して、
生活習慣病のリスクも回避して、病気の心配がない
楽しい人生を送れた方が良いと思いませんか?


「かっこいい体も目指してみたい」

と思うのなら、かなり本格的に筋トレをやっていく必要が
ありますし、食事もしっかり管理していく必要があります。

しかし、目的がサルコペニア肥満にならない体作り
だけなら、ちょっとした筋トレと栄養のある食事を
自分に合った量だけ食べていけば、充分可能です。


もしあなたが、これからサルコペニア肥満の予防をして
いきたいのなら、このブログで筋トレや食事について色々と
記事にしているので、そちらを参考にしてみてください。


それにしても40代で筋肉が減少して、脂肪が増えて
しまう症状になるなんてよほどキツイ食事制限をやって
いる人が多いのかな、って思ってしまいました。

そこでちょっと思ったんですけど、最近流行っている
糖質制限ダイエットについてなんですが、あれ、糖質制限
し過ぎると場合によっては結構筋肉量減ると思いますよ。


特に某プライベートジムで高いお金を払って、ほとんど
糖質を摂らないような生活をしていると、よほどガッツリ
筋トレをやっていないと筋肉は減りやすいと思います。

若い人は良いと思いますが、特に年齢のいった
女性の方は注意したほうが良いかな、って思います。


それに2ヶ月後に退会した後の
リバウンドの確率は結構高いと思います。

以前、某プライベートジムに努めていた元トレーナーも
どこかのメディアでそう言っていたので間違いないと思います。


リバウンドする、って事は、筋肉量が減って
脂肪が増えた、って事とほぼ同じ事ですから。

なので、もし私があれだけ糖質制限をする場合は
1週間限定とかにして、その間は多分週5、6回筋トレします。
それから1週間後に一旦1日だけしっかり糖質を摂ります。

じゃないと、筋肉減りそうで怖いです。


あそこまで糖質カットをしたことが無いので、やって
みないと分かりませんが・・・でも一時的に体重と
体脂肪を減らす方法としては有効な方法ですけどね。


まあ、とにかく摂ったほうが良い栄養素を削って
ダイエットしても一時的に体重は減るかもしれませんが、
減った体重のほとんどが筋肉だったらサルコペニア肥満
予備軍になってしまうので、気をつけてくださいね。


この記事が参考になれば幸いです。

関連コンテンツ

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブのセール情報

■新規購入の場合、クーポンコード IHERBJP10 を入力する事で10ドルの割引を受ける事ができます。

■初回のアプリの注文で5ドル割引・プロモコードは APPS2017 です。(2017年8月30日終了)

・Universal Nutritionの商品(プロテインバー等)が10%OFF(日本時間8月31日(木)午前2時まで)

スポンサーリンク
 

マイプロテインのセール情報

■毎日、色々な商品(プロテイン・BCAA・HMB・クレアチン・プロテインバー等)がセール中(25%〜80%OFF)

■月一セール・バニラ味が全品30%OFF

・割引コードは VANILLA30 です。

■500万人達成感謝セールで30%〜50%OFF・購入特典として35%OFFのチケットが貰えます。

スポンサーリンク
 

今回の記事を読んで気に入って頂けましたらシェアして頂けると幸いです。


理想の体型と
理想のライフスタイル

この2つを自由にコントロールしながら、
人生を楽しむ方法を情報発信しています。

1 個のコメント

  • おはようございます

    自分の周りにもそのような人がいてますね。
    42歳の女性の人ですが階段で2階へ上がるだけでかなり息切れしていますし、身体もカチカチのようです。

    自分は病院や高齢者施設への配送をしていますが早朝4時くらいから手すりに捕まりながらスクワットしてるおばあちゃんとかのがやはり元気ですし、耳や言動もはっきりしてるように思います。
    やはりしっかり食べてしっかり運動!コレに限りますね(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です