シックスパックの作り方は、正しい考え方を身に付ける事です

この記事の所要時間: 65

sikkusupakku


この画像は減量前の画像です。


これから数キロ減量して体脂肪を
一桁にして、バキバキの腹筋を目指します。



さて、『腹筋を割りたい』
思っている人はたくさんいると思います。


でも、ここで今一度『腹筋を割る』という事を考えてみましょう。


ちなみにこれから話す『腹筋を割る』という定義は、腹筋の
トレーニングをして、割れ目のしっかりある腹筋を作る事を指します。
いわゆる『シックスパックを作る』という事です。


では、このかっこいいシックスパックを作るにはどんな考え方を
していったらいいのか?それを話していきましょう。

まず、かっこいいシックスパックの作り方で一番大事なことを言うと、
『自分の現在の状況を把握して、そこから正しくアプローチする事です』


自分の状況を知る、俯瞰することが大事です。
この考え方をしっかり覚えておきましょう。

何故なら、その人の体型によって
シックスパックを作り方は全く違ってくるからです。


では、どういう考え方をしてどういう行動をしていけば良いのか?
それをこれからお話していきます。

もしあなたがガリガリ体型だったら・・・

あなたがガリガリ体型の場合、体脂肪が少ない
わけですから、腹筋自体はある程度見えているはずです。

ただ、腹筋のトレーニングをしていない場合は、腹筋の溝が浅く、
凹凸感が無いので、バキバキに割れた状態ではありません。


このような状態の時は、高負荷の
腹筋トレーニングをすることが必要になってきます。


また、食事も栄養のあるモノを摂らないと腹筋はついてきません。

大幅に食事量を増やす必要はありませんが、
自分のお腹周りを確認しながら栄養のあるものを
しっかり摂っていく事も重要になってきます。


体重を現状維持できる摂取カロリー、または場合によって
もう少し多めの摂取カロリーを摂るのが目安量になるでしょう。

ただし、代謝は毎日同じではなく、多少は変動しますので、
毎日同じ食事量でうまくいかない場合もありますから注意してください。


基本、胸や背中、脚の筋肉など体全体に筋肉をつけていきたい場合は、
摂取カロリーを確実にオーバーさせていく必要がありますが、
腹筋を割る事(シックスパックを作る)だけが目的であれば、
それほど食事量は増やさなくても大丈夫だと思います。


また、腹筋自体は元々小さい筋肉ですが、鍛える事に
よって大きくなりますし、凹凸のある腹筋も作ることが出来ます。

もしあなたがお腹だけポッコリ体型だったら・・・

このタイプの人は、代謝の変動と摂取カロリーをよく考えなければいけません。

人によっては食事量を調整、つまり摂取カロリーを減らしながら
高負荷の腹筋トレーニングをする必要があります。

スポンサーリンク
 
摂取カロリーを適度に減らしたり、代謝を上げる工夫をしたり、
消費カロリーを上げる工夫をしたりしながら高負荷の
腹筋トレーニングをしていった方が良い結果に繋がるでしょう。


ここらへんは、自分で試していく必要があります。

もちろん、筋肉をつける為の栄養素をしっかり摂っていく事は前提ですよ。


筋肉をつける為の栄養素は、こちらの記事を参考にしてください

筋肉をつける食べ物だけを選び、効率よく筋肉をつけよう

もしあなたがメタボ体型だったら・・・

まずは、体脂肪を落とす努力をする必要があります。

食事量をうまく調整しながら、これまた高負荷の
腹筋トレーニングを取り入れていく必要があります。


メタボ体型の人は、エネルギーが余った状態なので、
摂取カロリーを減らしながら腹筋トレーニングをしても
腹筋は大きくなります。

ただし、極端な摂取カロリーの制限は逆に代謝を落として
脂肪がつきやすくなってしまうので、空腹感をずっと我慢
していくようなやり方はあまりおすすめできません。

ここらへんはメリハリを付けてダイエットをしていく必要があります。


また、このタイプは腹筋だけをやるよりも、大きな筋肉
(胸、背中、脚)を同時に筋トレで鍛えていくほうが体脂肪も落ちやすく、
効率よくシックスパックを作ることにも繋がるのでおすすめです。

どのタイプでも身に付けるべき2つの考え方

1つ目は、とにかく高負荷の腹筋トレーニングを心がける事です。


50回も100回も出来る腹筋トレーニングでも人によってはシックスパックは作れます。
作れますが、非常に遠回りすると思います。

そもそもそんなに回数が出来る腹筋トレーニングは、
腹筋以外の筋肉、例えば背中の筋肉(脊柱起立筋)や
腰の筋肉、脚の筋肉なども使ってやっている可能性があります。
(腹筋は反動を使えば結構回数が出来てしまいます。)


それよりも、10回、20回が限界になるような・・・
腹筋が吊りそうになるような負荷の強い腹筋トレーニングを
出来るようになる方が効率よくシックスパックを作れます。

その為にはなるべく腹筋のみを動かすトレーニングが
出来るようになることが重要です。


例えば、腹直筋を鍛える場合は体全体ではなく、骨盤だけを
起こしてくる動作が出来るようになる事と、呼吸をしっかり
やる事で負荷が強い腹筋トレーニングが出来るようになります。


詳しい腹筋のトレーニング方法は、こちらの記事を参考にしてみてください。

家で簡単に腹筋を割る方法を知りたい人へ・・・

下っ腹を筋トレで鍛えて、かっこいい腹筋を作る方法


負荷の強い腹筋トレーニングができるように練習しましょう。



もう1つは、体脂肪をとにかく低くする為に、食事管理を徹底的に行う事です。

ただ、食事に関しては、適正な食事量、適正な摂取カロリーは、
100人いたら100通りあると思った方が良いです。


あなたが、同じような体型の人の摂取カロリーや食事量を
参考にするのは良いと思いますが、全く同じにしたからと
いって同じ結果になるとは限りません。

なので、当然ここでは適切な食事量は提示出来ません。

ここらへんはよく理解しておいてくださいね。
(それは、目に見えない代謝もすごく関係してきます)


ただ、目安にできる食事法については下記の記事で
詳しく書いているので、良かったら参考にしてみてください。

腹筋の割れたかっこいい体になる食事方法


以上、この2つの考え方をしっかり理解した上で頑張って
シックスパックを作る努力をすると、結果が出やすいと思います。

補足

腹筋以外の大きな筋肉(脚・胸・背中)も一緒に
鍛えた方が代謝も上がりやすくなり、結果的に体脂肪も
減りやすくなり、シックスパックを作りやすくなります。

という事で、良かったら下記の記事も参考にしてみてください。

腹筋の割れたかっこいい体になる筋トレ方法


この記事が参考になれば幸いです。

関連コンテンツ

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブのセール情報

■新規購入の場合、クーポンコード IHERBJP10 を入力する事で10ドルの割引を受ける事ができます。

■初回のアプリの注文で5ドル割引・プロモコードは APPS2017 です。(2017年8月30日終了)

スポンサーリンク
 

マイプロテインのセール情報

■月一セール・チョコレート味が全品30%OFF

・割引コードは CHOCO30 です。

・その他、毎日色々なカテゴリーでセール中(最高80%OFF)

スポンサーリンク