自重で鍛えたい筋肉に負荷をかけられるように練習しよう

この記事の所要時間: 248

筋肉


これは、私も最近ようやく
分かってきた事ですが、

「闇雲に扱う重量だけ重くして
いっても、筋肉はつかない」

という事です。


どういう事か?


例えば、胸のトレーニングで25キロのダンベルを
使って、ダンベルプレスをやっていたとします。
でも、25キロのダンベルを使って筋トレをしていたけど、
なかなか筋肉がついてこない。


「だったら、今度は27キロのダンベルでトレーニングしよう」


この考えがまずい、という事なんです。


筋トレで扱う重量を増やしても、筋肉がつかない場合が多いのです。


何故なら・・・

「鍛えたい目的の部位に負荷をかけられていないから」


どれだけ重量を増やしても、鍛えたい目的の部位以外に負荷が
分散(怪我をしやすいフォームにもなりやすい)してしまって
やってもやっても筋肉がつかない場合が多いんですよね。


そう感じている人は・・・

自重で目的の部位にしっかり負荷をかける練習をしよう

まず、自重で目的の部位に負荷を
かけられるように練習をしましょう。



■胸のトレーニングの場合

直立した状態で、何も持たずにダンベルプレスの動作をして
うまく大胸筋に負荷をかけられるように練習しよう。
ダンベルプレスの動作で最初から最後まで
胸の筋肉に刺激がいっているか確認しよう。




■背中のトレーニングの場合

何も持っていない状態でベントオーバーロウの
トレーニング動作をしてみよう。
この時、最初から最後までしっかり背中の筋肉に
刺激がいっているか確認しながら練習しよう

スポンサーリンク
 
■腕のトレーニングの場合

直立状態で、何も持たず、ダンベルカールの動作を
して、二頭筋に刺激がいっているか確認しながら
練習してみよう。




■肩のトレーニングの場合

椅子に座った状態で、ショルダープレスの動作を
何も持たない状態で練習してみよう。
最初から最後までしっかり肩の筋肉に刺激がいって
いるか、確認しながら練習してみよう




■脚のトレーニングの場合

スクワットは、自重トレーニングでもうまく出来れば
充分に刺激がいくので、徹底して練習しましょう。


まとめ

どのトレーニングを練習していても言える事ですが、
何も持ってない状態でも

「筋肉に刺激がいっている、負荷がかかっている」


この感覚を体感できるようにならないと、
うまく筋肉はついてこないはずです。

ダンベルやバーベルの重量を上げても筋肉がついて
こない人は、多分ここが出来ていません。
(もしくは、ストレスや食事面に問題があります)


重量を増やしても筋肉がついてこない、かっこいい体に
なれていない人は、自重で一度練習してみましょう。



ある程度、自重トレーニングで目的の部位に負荷をかけられるようになったら
本格的にダンベルを使ったトレーニングを始めていきましょう。

トレーニングについては下記の記事を参考にしてください。

筋肉をつけるトレーニングを記事と動画で説明してみました



スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

オールマックスニュートリション(ALLMAX Nutrition)のプロテインが20%OFF(日本時間で1月26日(木)午前3時に終了)

・オールホエイクラシックなら3400円台、オールホエイゴールドなら5000円台で購入できます

■2000点以上の製品が新低価格となって登場

・オプチマム(ゴールドスタンダードプロテイン)や、マッスルテック(ナイトロテックのプロテイン)等のプロテインも低価格になりました

今回の記事を読んで気に入って頂けましたらシェアして頂けると幸いです。

かっこいい体を手に入れ、やりたい事をやる
ライフスタイルを手に入れたいあなたへ


脂肪の少ない引き締まった体型を作って、その体型を維持していく方法や、効果的な筋トレ、食事法なども紹介しています。 また、ネットビジネスやライフスタイルをコントロールしていく方法についてもお話しています。

2 件のコメント

  • 本日初めてブログを拝見させて頂きました者です。
    腹筋をかっこよく割ったりしたいと思ってとり合えず我流で筋トレしていましたが、もっと良いやり方を探している中でブログを見つけ大変興味深く拝読させて頂いております。

    まずは、現在書いてくださってある記事から少しずつ学ばせて頂きたいと思います。

    今後も更新楽しみにしています!

    貴重なブログ、ありがとうございます^^

    • こちらこそ丁寧なコメントありがとうございました。
      これからも、腹筋の割れたかっこいい体を作る為の有益な情報を発信
      していきたいと思います。

      よろしくお願いいたします

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です