有酸素運動は、筋トレで筋肉をつけてからやったほうが効果的です

この記事の所要時間: 244

yuusannso
『脂肪を燃焼させよう』と思ったら、真っ先に
思いつくのが有酸素運動ですよね。


『有酸素運動は、脂肪を燃焼する』という事実は、
間違っていないのですが、有酸素運動というのは、
『人によって脂肪燃焼量が違う』
という事を知っていましたか?


実は、筋肉量が多い人と、少ない人が同じ時間、
有酸素運動をしたとしても、体脂肪の
燃焼量が違ってくるんです。


つまり、筋肉がついている人とついていない人が、
同じ時間有酸素をやった場合、筋肉がついている人の方が
体脂肪が燃える割合が多い、という事です。

何故なら・・・・


筋肉量が多い人の方が、基礎代謝が高いから。


だから例えば、筋肉がついている人とついていない人が
全く同じ生活(食事量も同じ)をしていたとしても、
1日の消費カロリーは全く違う数値になります。


当然筋肉がついている人の方が消費カロリーが多く、
脂肪が燃える割合も高くなりますよね。
筋肉がついている人の方が消費カロリーが多いから
当然体重も体脂肪も減りやすくなります。


これは、有酸素運動中も同じ事。


有酸素運動中も、基礎代謝が高い人(筋肉が多い人)
の方が、脂肪の燃える割合が多いのです。
1つ1つの動きに大きい筋肉を使っているのと
小さい筋肉を使っている、という違いです。


例えでいえば、燃費のすごく悪い大きい車と、
燃費のすごく良い小さい軽自動車、といった感じですね。


当然、同じ時間走行しても、燃費の悪い大きい車の
方がより多くの燃料を使います。
この燃料を脂肪に置き換えてください。

スポンサーリンク
 

人間で例えると・・・

筋肉モリモリのボディービルダーは、ちょっと有酸素をやった
だけでもかなりの脂肪を燃やせる計算になります。


実際、基礎代謝が高いボディービルダーは、有酸素運動を
やらずに体脂肪を一桁にする人もいます。
(エンジンをかけているだけで、すぐ燃料が減るアメ車みたいなものです)

これは、基礎代謝がすごく高いから出来る事ですけどね。



ちょっと話がそれましたが、結局有酸素運動をして体脂肪を
効率的に燃やしてかっこいい体に最短でなりたければ、
まず、筋肉をつけたほうが体脂肪を燃やすのに効率的なのです。


まとめ

週に何回も必死になって有酸素運動だけを何時間もやるよりも、
筋肉をつけてから、軽く有酸素運動を取り入れたほうが
かっこいい体に効率よく早くなれる確率が上がります。


有酸素運動を取りいれるのは良いと思いますが、
それなら先にある程度筋肉をつけてから有酸素運動を
やったほうが効率的に体脂肪を減らせますよ。

これは、私の経験からお話しました。


まずは、体のラインをしっかり作ってかっこいい
シルエットを作る為に筋トレをして筋肉をつけましょう。



筋トレに関する記事、動画は下記を参考にしてください。

筋肉をつけるトレーニングを記事と動画で説明してみました

で、筋トレをしてからその後に有酸素運動をやりましょう。

関連コンテンツ

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブのセール情報

■新規購入の場合、クーポンコード IHERBJP10 を入力する事で10ドルの割引を受ける事ができます。

■初回のアプリの注文で5ドル割引・プロモコードは APPS2017 です。(2017年8月30日終了)

・マッスルテックの商品(プロテインなど)が10%OFF(7月31日(月)まで)・詳細は、こちらからどうぞ。

・プレワークアウト15%OFF(日本時間7月27日(木)午前2時まで)

スポンサーリンク
 

マイプロテインのセール情報

■月一セール・いちご味が全品30%OFF

・割引コードは ICHIGO30 です。

・その他、毎日色々なカテゴリーでセール中(最高80%OFF)

スポンサーリンク