食事誘発性熱産生を利用して効率よくダイエットする方法とは?

この記事の所要時間: 447

あなたは、食事誘発性熱産生という言葉は聞いたことがありますか?

実は、この食事誘発性熱産生の原理をうまく
利用することでダイエット(減量)をしている人は、
効率よく体重を落としやすくする事が出来ます。


そこで今回は、食事誘発性熱産生についての説明と、この特性をどうやって
ダイエット(減量)に利用していくと良いのか?というところを言及していきます。

食事誘発性熱産生とは?

食事誘発性熱産生というのは、簡単に説明すると、
食べ物を食べる事によって熱(カロリー)が発生するというもの。

要するに、食べた物を消化をする為に内蔵などが
活動することで、カロリーが消費される、という原理です。


そして、その消費される熱(カロリー)というのは、
それぞれの栄養素によって比率が違っていて、

  • タンパク質    30%
  • 糖質(炭水化物) 6%
  • 脂質       4%

このようになっています。


例えば、これらの三大栄養素を100kcalずつ摂取した場合は・・・


■タンパク質を含む食事を摂ることで、100kcalの30%が
食べることによってエネルギーとして消費されるので、

100×0.3=30   100-30=70kcalとなり、

実際は70キロカロリーを摂取したことになります。



■糖質(炭水化物)を含む食事を摂ることで、100kcalの
6%が食べることによってエネルギーとして消費されるので、

100×0.06=6   100-6=94kcalとなり、

実際は94キロカロリーを摂取したことになります。



■脂質を含む食事を摂ることで、100kcalの4%が
食べることによってエネルギーとして消費されるので、

100×0.04=4   100-4=96kcalとなり、

実際は96キロカロリーを摂取したことになります。



ここから分かることは、同じカロリーを摂取したとしても、
食事誘発性熱産生の特性からタンパク質を摂ったほうが、
実際の摂取カロリーが抑えられる、という事です。


「じゃあ、タンパク質を含む食事ばかり
摂っていれば、ダイエットしやすくなるじゃん」

と思うかもしれませんが、タンパク質は消化に負担がかかりやすく、
内臓疲労が起こりやすい栄養素なので、結果的に代謝が下がる原因にも
なりますし、エネルギーの源になる炭水化物不足にもなりやすくなります。


それに・・・


実際は、タンパク質の栄養素だけを単体で摂るのは難しいはずです。

何故なら、プロテインだって多少の糖質は入っていますし、
肉や魚、豆類だって多少の脂質は入っていますから・・・。


そもそも食事だけで純粋にタンパク質だけを
単体で摂る事はあまり無いのではないでしょうか。

実際は、三大栄養素とビタミン・ミネラルを含んだ食事
(ご飯とおかずとサラダなど)を摂る事になると思うのですが、
そうなった場合は、だいたい10%の食事誘発性熱産生が
起こると言われています。(確実な数字ではありません)


つまり、先程の例で説明すると、100kcalの食事を摂ることで、
10%(10kcal)は消費されて、実質90kcalが消費されるというわけです。

スポンサーリンク
 

食事誘発性熱産生の特性を利用してダイエットする方法

suuzi

食事誘発性熱産生の特性を利用して効率よくダイエットするには、

『食事回数を増やす事』です。


食事回数を増やせば増やすほど、食事誘発性熱産生の
特性によって、食事をする回数分だけ消費カロリーも増えますし、
食事回数を増やせば、1回の食事量も減って内臓の負担も軽くなります。

なので、結果的に消費カロリーが増えやすくなり、
内蔵疲労による代謝低下が起こりにくくなり、結果的に
体重を落としやすい環境になりやすい、というからくりです。


ちなみに私が運営している講座でも、クライアントさんには、
食事誘発性熱産生の特性を利用して、内臓の負担を軽くする為に
食事回数は増やしてもらうようにアドバイスをしています。

まとめ

食事誘発性熱産生とは、食べ物を食べることによって、
熱(カロリー)が発生するというものです。

つまり、食事をしてもカロリーが消費されるということ。


そして、その消費されるカロリーの割合は摂取したカロリーの
10%程度なのですが、食事回数を増やすことによって
1日全体の消費カロリーを減らせることに繋がります。

要するに同じ食事量、同じ摂取カロリーを摂ったとしても、
食事回数が多い方が消費カロリーが多くなりやすい、という事です。


また、食事回数を増やしたほうが1回の食事量が少なくなるため、
内臓の負担が軽くなり、内臓疲労しにくくなり、結果的に
代謝が下がりにくくなり、体重が落ちやすくなります。


このように食事誘発性熱産生の特性を利用して、食事回数を増やすだけで、
普通に3食の食事を摂っている人よりも体重を落としやすくなるのです。


ただし・・・


内蔵疲労をしていてお腹が減っていない状態。
そんな状況で食事回数を増やして普段通り食べても、体重を落とす事には
繋がりにくので、そういう場合は1食抜いたり、消化の良い食べ物を
軽く食べたりして、内蔵疲労を回復させる事に専念したほうが良いでしょう。


この記事が参考になれば幸いです。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
 

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブのセール情報

■初回購入の場合、クーポンコード WELCOME5 を入力する事で5ドルの割引を受ける事ができます。

■Nutrex(ニュートレックス)のプロテイン等が10%OFF(日本時間3月2日(木)午前3時終了)

マイプロテインのセール情報

■全てのチョコレート商品が全品30%OFF

■2点以上購入で25%OFF

■4点以上購入で30%OFF

・割引コードは MULTIBUY です

スポンサーリンク
 

今回の記事を読んで気に入って頂けましたらシェアして頂けると幸いです。

かっこいい体を手に入れ、やりたい事をやる
ライフスタイルを手に入れたいあなたへ


脂肪の少ない引き締まった体型を作って、その体型を維持していく方法や、効果的な筋トレ、食事法なども紹介しています。 また、ネットビジネスやライフスタイルをコントロールしていく方法についてもお話しています。