お腹周りの脂肪の落とし方は、女性も男性もやる事は一緒です

この記事の所要時間: 1827

お腹周りの脂肪を落とし方を知っていますか?

これは、女性も男性もみんな知りたいと思います。私も以前は一番知りたい事でした。



まず、ダイエットするにしても腹筋の割れたかっこいい体を作るにしても、お腹周りの脂肪を落とさないとお話になりません。

ただ、お腹周りの脂肪というのは、一番脂肪が落ちにくい、という特徴があります。(これは、人によって違う場合があります。)


そこで今回は、そのお腹周りの脂肪の落とし方を説明します。

ちなみに基本的にやり方は女性も男性も一緒です。

体脂肪を落とす普遍性の原理

脂肪と落す為には、どんな人でも必ずやらなければいけない事があります。


それは・・・・

摂取カロリー<消費カロリー

です。


当たり前の事ですが、実際にしっかりと自分の食事量や摂取カロリーを目安にして、食事を調整している人はどのくらいいるのでしょうか。

基礎代謝は変動する


先程の摂取カロリーの話に繋がるのですが、人間の基礎代謝はいつも同じ数値ではありません。


・体が疲労している時

・体調が優れない時

・お腹の調子があまり良くない時


人間の体は日々絶好調ではないので、その日やその週の体調で基礎代謝は変動しています。

ですので、例えば毎日同じ栄養素で同じ食事量、同じ摂取カロリーを摂取していたとしても、体調が良い日は、

摂取カロリー<消費カロリー


体調が悪い日は、

摂取カロリー=消費カロリー、または摂取カロリー<消費カロリー


という事になる場合もある、という事です。



例えば、体もお腹の調子も良い日に、いつもよりも沢山食べたけど、翌日はあまり体重が増えていなかった。

あるいは、体もお腹も調子が悪い日に、いつもよりも食欲が無く、食事量自体も少なかったのに翌日はほとんど体重が減っていなかった。


こういう事もあるわけです。


要するに、毎日同じ栄養素で同じ食事量、同じ摂取カロリーでも脂肪を落とせる日もあれば落とせない日もあるという事です。

体重維持が出来ている時の状態を知る

現在の自分が、体重維持できている時の状態を知ることがお腹周りの脂肪を落とす事に繋がります。


どういう事か?と言うと、体調が良い日でも悪い日でも無く、ごく普通の日に、

  • 毎日何をどれくらい食べているのか?
  • 食事回数は何回くらいなのか?
  • 運動はどのくらいやっているのか?

これらを把握して、いつも自分がどれくらい食べてどれくらい体を動かした状態で現在の体重を維持しているのか?を知ることが重要。


つまり、スタート地点(現在の体重を維持できている時の状況)を把握する、ということ。



これが出来ているから、そこから

  • 食事量が多過ぎるからこれだけ減らす
  • 余分なモノを食べているから減らす
  • 夕食の量が多いから減らす
  • 食事量が少なすぎるから増やす
  • 運動量が足りないから増やす
  • 運動量が多すぎるから減らす

このような選択肢を考えることが出来るのです。


まず、お腹周りの脂肪を減らすためには、現在の体重を維持できている時の状況を知ることが大切ですね。

栄養素の摂取量をうまく調整する

糖質(炭水化物)


お腹の肉を落とす時には場合によってある程度糖質を制限する事は必要になりますが、糖質は減らしすぎると逆にお腹周りの脂肪が減りにくくなるので、注意が必要です。



また、糖質摂取量は人によって全然違ってくるので、ここで食べる量は提示できませんが、減らすべきはスイーツなどの糖類であって、炭水化物(お米、餅など)は、体の状態に合わせてある程度摂取していく方がお腹周りの脂肪は減りやすいです。


おすすめの糖質はGI値の低い玄米や五穀米ですが、私は別に白米を食べていっても充分お腹周りの脂肪は落ちると思います。というか、私は白米を食べて体脂肪率一桁まで落とせますから。

気をつけるのは、1度に沢山の糖質を摂取しないようにすることです。

タンパク質


あと、タンパク質はしっかりと食べるようにしましょう。(卵、肉、魚、乳製品、豆など)


タンパク質を多めに摂る事によって、筋肉量を維持しやすくなります。(筋トレをする事で更に筋肉量を維持しやすくなります)

  • 筋トレをする人なら、体重1キロあたり2g以上は摂ること
  • 筋トレをしない人でも、体重1キロあたり1~1.5gは摂ること


食べた方が良い食材は下記の記事を参考にしてください。(お腹の脂肪を減らすのにも食材選びは大切です)

タンパク質の多い食品でお勧めを紹介します
筋肉をつける栄養素の代表といえば、タンパク質です。タンパク質は、ダイエットにも非常に有効な栄養素です。という事で、今回はタンパク質の多い食品で私が積極的に食...



食事だけで1日に必要なタンパク質を摂取出来ない場合は、プロテインを活用していくのがおすすめです。


プロテインについては下記の記事を参考にしてみてください。

久々にゴールドスタンダードプロテインを購入して飲んでみた感想
今回は、久々に海外のプロテインでオプチマムのゴールドスタンダードプロテインを購入して飲んでみたので、味や飲み方等についてレビューしたいと思います。久々にゴー...

アイハーブでおすすめのプロテインを5つ紹介します
アイハーブでは、色々な海外のプロテインが販売されていますが、今回は、その中でも成分も良くて、値段もお手頃でおすすめのプロテインを5つ紹介したいと思います。※味...



下記のサイト(リンク先)では、多くのメーカーについて検証しているので、良かったら参考にしてみてください。

プロテインのおすすめ人気ランキングを解説したブログ

脂質


脂質に関しては、なるべく控えることをおすすめしますが、そうやって言うと極端に制限しすぎる人が出てくるので、ここで付け加えておきます。


卵の脂質は悪くないので、1日1、2個(人によっては3個以上食べてもOK)食べても言いと思いますし、あとは、オリーブオイルやナッツ類(アーモンド、クルミ)や、亜麻仁油やエゴマ油、青魚などは適度に摂っていくほうがお腹周りの脂肪は落としやすいと言えます。

といっても、脂質は1gで9kcalもありますから摂りすぎには注意しましょう。



あと、最近で言ったらココナッツオイルやフィッシュオイルも良い脂質を摂れるという事でかなり人気がありますね。

特にフィッシュオイルの主成分でもあるEPAとDHA(青魚に多い)は、中性脂肪を減らして生活習慣病(脳梗塞など)の予防にも効果があるので、出来れば定期的に摂取していきたいところ。



ちなみに、ココナッツオイルやフィッシュオイルは、国内のサイトで購入すると結構割高になるので、もし購入を検討するなら下記のiherb(アイハーブ)というサイトがおすすめです。

ココナッツオイルの詳細はこちら

フィッシュオイルの詳細はこちら


フィッシュオイルについて詳しいことは下記の記事を参考にしてみてください。

フィッシュオイルのおすすめ製品と効果を引き出す選び方とは?
フィッシュオイルは、どんなモノがおすすめなのか?どんな選び方をしたら良いのか?どんな効果があるのか?これらがいまいち分かりにくいサプリメントかな、と思います...

ビタミン・ミネラル


先程紹介した三大栄養素の糖質(炭水化物)とタンパク質、脂質だけを摂取していっても、体内でエネルギーとしてうまく利用されません。

摂取した三大栄養素を体内で効率よくエネルギーとして利用されるのをサポートする役割を果たしているのがビタミン・ミネラルです。



筋肉をつけるにも、脂肪を燃焼させるにもエネルギー(三大栄養素)が必要。(食べ過ぎでは脂肪は燃焼しませんから、量の調整は必要ですけどね)

そのエネルギーが体内で効率よく利用されないと、脂肪も燃焼しにくいのです。


つまり、ビタミン・ミネラルをしっかり摂取していないと、結果的に効率よくお腹周りの脂肪も減ってくれない、ということ。

ですから、毎日(出来れば毎食)適量のビタミン・ミネラル(野菜類、キノコ類、海藻類のいずれか)を摂取していくことが大切です。


ただし、ビタミン・ミネラルの中でも食物繊維の多い食べ物を食べ過ぎると、便秘になる場合もあるので、そのあたりは、食べながら自分に合う量を見つけていくのがおすすめ。



ちなみに私は、

  • ブロッコリー
  • キャベツ
  • トマト
  • ほうれん草
  • エノキ
  • シメジ
  • めかぶ

このあたりをよく食べます。(他にも色々食べますが・・・)


ビタミン・ミネラル類の食べ物は、スープにぶっ込んで食べるのが楽で効率が良いかもしれません(味噌汁等、色々なスープで)



しかし・・・

もしあなたが、普段から野菜類を食べない習慣があったり、そもそも野菜があまり好きではない、という場合は、マルチビタミンのサプリを利用していくのもアリです(というか、おすすめ)


マルチビタミン&ミネラルについては、下記の記事で詳しく書いているので、良かったら参考にしてみてください。。

マルチビタミン&ミネラルが筋トレしている人におすすめな理由
筋トレしている人がプロテインに以外に1つサプリメントを摂取するとしたら何がおすすめなのか?実績と経験のある優秀なパーソナルトレーナーは言いました・・・・・それ...




今までのリンク先で紹介したiherb(アイハーブ)は、海外のサイトですが、しっかりと日本語対応(スタッフも日本人)していて、購入も簡単で他の商品(サプリやオーガニック食品など)も日本のサイトと比べて安価で購入できるので、私もよく利用しております。(プロテインやアミノ酸なんかも安価で購入できますよ)


もし、興味があれば他の商品などもご覧になってみて下さい。

iHerb(アイハーブ)のトップページはこちら



アイハーブの詳しい購入の仕方、利用方法等は下記の記事を参考にしてみてください。

アイハーブで良い製品を見極めて上手に買い物をする方法とは?
最近の私は、アイハーブでプロテインやBCAA、グルタミンやビタミン・ミネラルなどの海外のサプリメントはもちろんの事、ピーナッツバターなどの食品も購入するようにな...

食べる順番、食べる回数、食べる時間のルールと作る

『食べる順番ダイエット』という本がバカ売れした事がありましたが、この方法は人によっては効果があると思います。(全員に効果があるとは思いません)

方法は、至って簡単です。

  1. 野菜など食物繊維の多いものを食べる
  2. 汁物を食べる
  3. 肉や魚のメイン料理を食べる
  4. ご飯を食べる

この方法は、ご飯などの炭水化物を食べることによって、血糖値が急激に上がるのを防いで脂肪をつきにくくする為の食事法です。

すごく効果はあるわけではないと思いますが、継続する事である程度は効果が出てくるかな、と。



また、1日3食だったのを4食や5食に変える・・・つまり、食事回数を増やすことでお腹の脂肪を減らせる可能性は充分あります。(総摂取カロリーは変えない事が前提)

お腹の脂肪を落とすには、結局摂取カロリーよりも消費カロリーが上回ることが前提なので、食事回数を増やしたからといって、そこで総摂取カロリーが増えてしまっていたら、お腹周りの脂肪は減らないので注意してください。



あと、食べる時間も、『就寝時間3時間前に夕食を終わらせておく』とか、『18時以降食べないようにする』とかありますが、これも守れる人は守ったほうがいいと思います。

人間は就寝に近づけば近づくほど活動することも少なくなり、代謝が低くなる傾向があるので、なるべく夜はカロリーを体に入れない方が良い、という事です。


ただ、これは生活上、守れない人もいると思うので、そのあたりは無理をする必要はありません。

1日の食事量と食べる栄養素の割合だけは気を付けてください。

便通を良くする


お腹周りの脂肪が減らない原因の1つになっているのが便秘(あるいは便秘気味)です。

便秘とお腹周りの脂肪が減らないのは関係ないんじゃないの?と思うかもしれませんが、実はあって、便秘になる事で代謝が下がりやすくなり、結果的に体脂肪がつきやすくなってしまうのです。(中には、便秘気味でもスリムな人もいますが・・・)



何故、便秘気味だと代謝が下がりやすくなるのか?について説明しましょう。


人間の体は、

『消化⇒吸収⇒排泄』

この3つの流れがスムーズに循環している事で、代謝が下がりにくくなっています。


後程紹介する筋トレでも代謝は上がりますが、腸も含めた内臓も筋肉であり、これらに負担がかからないように食べ物が消化吸収して排泄されることで、体は余分なエネルギーを使わないので、代謝が下がりにくくなるのです。

しかし、便秘気味の日が続いてしまうと、内臓(腸)が便秘改善に向けて膨大なエネルギーを使うので、消化や吸収の方が疎かになり、結果的に3つの循環がうまくいかなくなり、代謝が下がりやすくなります。


そうなると、以前(便秘じゃない時)と同じような食事内容や食事量でも、お腹周りの脂肪がつきやすくなる可能性が上がるのです。

ですから、現時点で便秘(便秘気味)の人は、改善の努力をしていかないと、便秘じゃない人に比べてお腹周りの脂肪も落ちにくいでしょう。



便秘気味の改善方法として、食物繊維をしっかり摂る、というのをよく聞きますが、便秘になってから食物繊維を摂りすぎると、余計便秘になる可能性があるのでおすすめできません。(便秘じゃない人が食物繊維をしっかり摂るのはOK)

それよりも、水分をしっかり摂取しつつ、食事を抜いたり減らしたりして内臓の負担をかけないようにしたほうが便秘を改善させやすいので、良かったら参考にしてみてください。



もし、それでも便秘が改善しなかったり、お腹の脂肪が減りにくい場合は、生漢煎の防風通聖散という漢方薬(第二類医薬品)を試してみても良いかもしれません。

防風通聖散は、肥満や便秘の人に対して効能が認められている満量処方の漢方薬です。(サプリメントではありません)



具体的な効果としては、代謝を高めつつ、

  • お腹の脂肪を分解して燃焼
  • 便秘の改善
  • むくみの改善
  • 肩こりの改善

これらの効果を発揮しやすい、とのこと。(ちなみに、むくみやすい人も水分代謝がうまくいっていない為、代謝が下がりやすい傾向にあります)


お腹の脂肪が気になっていて、便秘気味の人にはうってつけの漢方薬と言えるかもしれません。


もしあなたが、現時点で生漢煎の防風通聖散に興味がある場合は、公式サイトで詳細を確認してみてください。

【生漢煎】防風通聖散の公式サイトはこちら



筋トレをする


お腹周りを痩せる方法として、筋トレも1つの選択肢としてかなり有効です。

筋トレは、直接お腹の脂肪を燃やす事は出来ませんが、脂肪燃焼を促進するきっかけを作ってくれます。


たまに、お腹周りの脂肪を落としたい人の中に腹筋だけを頑張ってやっている場合がありますが、その方法はあまり効率的ではありません。

何故なら、腹筋というのは腹筋という筋肉を鍛えるトレーニングであって、脂肪を燃焼させる、という目的には合っていないからです。(引き締め効果はありますが、お腹周りの脂肪が沢山あったら引き締まったことも分かりませんから)



お腹周りの脂肪を落とすには、消費カロリーの大きい運動をしたり、カロリーが消費しやすい体を作ったりする(筋肉を増やすということ)のが1番効果的です。

そこで、おすすめなのが筋トレなのですが、その中でも1番おすすめなのが脚の筋トレ。


脚は、体の中でも1番大きい筋肉なので、鍛えれば効率よく筋肉量が増えて、消費カロリーも増えやすくなりますし、脚のトレーニングは、筋トレの中でも1番成長ホルモンを分泌させやすく、お腹の脂肪を燃やすには最適なトレーニングなのです。



ちなみに脚のトレーニングをしても簡単に脚は太くなる事は無いので、女性の方も安心してお腹の脂肪を燃やしてください。むしろ、脚のトレーニングをすることによって脚自体が引き締まりますから。


詳しいことは下記の記事を参考にしてみてください。

お腹の脂肪を落とすのに最適な筋トレは?
お腹の脂肪が気にならない人っていないんじゃないか?ってくらい、男性も女性も含めてほとんどの人はお腹の脂肪が気になると思います。でも、なかなかお腹の脂肪を減ら...

スクワットの正しいやり方と、回数は?
スクワットといえば、筋トレの中でもビッグ3といわれる代表的なトレーニングの1つです。今回は、そのスクワットの正しいやり方と回数設定等についてお話していこうと...

有酸素運動は40分くらいが目安です


有酸素運動は、脂肪を燃やすのに有効な運動ですが、かなりの空腹状態で長時間有酸素運動をやると、筋肉量まで減ってしまい、基礎代謝が落ちてしまう可能性があります。(あとは疲労が溜まりやすくなります)

ですから、1回の有酸素運動は最大40分程度にしておいたほうが良いでしょう。(余程の空腹状態でなければ、60分程度までやってもいいと思います)



おすすめとしては、起床後にコップ1杯の水を飲んだり、その時に一緒にアミノ酸(BCAA)を摂取したりしてから30分~40分程するのが良いと思います。

サプリメントで脂肪燃焼を促進させる

BCAA


先程お話したアミノ酸(BCAA)は、有酸素運動前に摂取しても効果的ですし、筋トレ前や筋トレ中に摂取しても、筋肉の分解抑制に効果を発揮して、結果的に筋肉量を維持したまま体脂肪を減らしやすくなります。


詳しいことは、下記の記事を参考にしてみてください。

エクステンドのBCAAの味は飲み方次第で変わる・成分は?
今回は私、初めてエクステンド(Xtend)のBCAAをアイハーブで購入して1ヶ月程飲んでみましたので、味の感想や成分の良し悪し、最適な飲み方や効果について言及していき...

HMB系サプリメント


また、最近では、

  • 筋肥大と脂肪燃焼効果を促進するBCAA
  • 筋トレ初心者にはBCAAよりも効果があると言われているHMB
  • 筋肥大に効果を発揮するクレアチン
  • タンパク質(筋肉)分解を抑制するグルタミン

これらの成分全てを配合したオールインワンのサプリメントが人気になっています。



特に、今までプロテイン以外のサプリメントを一切摂取したことが無い筋トレ初心者で、筋肉をつけたり、お腹周りの脂肪を落として引きしまった肉体を手に入れたい場合は、このサプリの効果を期待出来るかもしれません。


私も、購入して成分や効果等詳しいことを記事にしてみたので、良かったら参考にしてみてください。(あの有名人、ガクトも摂取しているメタルマッスルHMBは、結構人気になっているようです)

メタルマッスルHMBを飲んだ効果を証言・他の口コミは?
メタルマッスルHMBは、GACKT(ガクト)が愛飲していている事も判明して、話題になっているサプリメントです。そこで私は、GACKT(ガクト)が飲んでいるメタルマッスルHMBの...


メタルマッスルHMBの公式サイトはこちら


食事調整も運動も苦手な場合


もし、あなたが、

「食事の調整はある程度頑張っているけど、やっぱり苦手」

「運動は元々苦手だし、あまりやりたくない」


このように今まで提案してきた食事の調整や、運動(筋トレや有酸素運動)が苦手だから実践していくのは難しい。

だけど、「出来れば、お腹周りの脂肪を何とかしたい」という場合は、シボヘールという機能性表示食品を試してみるのが良いかもしれません。(何もしなかったら、いつまでも今の体型のままですから)



ちなみに、機能性表示食品というのは、今回紹介したシボヘールで言えば、『お腹の脂肪を減らすのを助ける効果が臨床試験結果で認められた事を消費者庁に報告した食品』の事です。


つまり、お腹の脂肪(内臓脂肪や皮下脂肪)を減らすのを助ける効果が期待できるサプリメントだということなので、もし興味があれば、公式サイトで詳細を確認してみてください。

お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品「シボヘール」>>詳しくはこちら




シボヘールや機能性表示食品に関して詳しいことは、下記の記事を参考にしてみてください。

内臓脂肪を減らすには食事の改善が不可欠・サプリは必要?

まとめ

今回お話した内容を一度にやれる場合は頑張ってやってほしいですが、いきなりできない人もいると思うので、そういう場合は出来そうなことから習慣にしていきましょう。


1番やってほしい事は、1日の食事量の調整と栄養素の摂取量の調整ですね。この2つは、なるべく早く取り掛かってほしいところです。



筋トレや有酸素運動も出来ればやってほしいですが、上記の2つをしっかりやっていないと筋トレや有酸素運動をやってもほとんど脂肪が減る事はありません。

摂取カロリーよりも、消費カロリーが多くないと脂肪が減らないですし、栄養もしっかり摂らないと脂肪が燃えにくいからです。ですから、まずは食事量と栄養素の割合の調整が先です。


便秘気味の場合も、なるべく早く改善させていくことが重要(代謝が低い状態が続く可能性があるから)



また、お腹を引き締めるには腹筋トレーニングとドローインが欠かせません。という事で、下記の記事を参考にして頂ければ、かっこいい腹筋やウエストが手に入りやすくなると思いますよ。

下っ腹を筋トレで鍛えて、かっこいい腹筋を作る方法

ドローインのやり方は呼吸が大事です。そこで効果も違ってきます。



あとは、食事をしっかり管理して調整することで、更にお腹周りの脂肪を落としやすくなるので、良かったら下記も参考にしてみてください。

腹筋を割るための食事は調整力・かっこいい体になるには?


さあ、お腹の脂肪を落としてかっこいいカラダを手に入れましょう。

関連コンテンツ

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブのセール情報

■新規購入の場合、クーポンコード WELCOME5 を入力する事で5ドルの割引を受ける事ができます。

■マッスルテックの製品(プロテイン等)が15%OFF(日本時間で11月23日午前2時まで)

マイプロテインのセール情報

■毎日、色々な商品(プロテイン・BCAA・HMB・クレアチン・プロテインバー等)がセール中で25%〜最大80%OFF

■月一セール・チョコレート味が全品30%OFF

・割引コードは CHOCO30 です。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク