痩せる筋トレメニューの組み立て方とは?

この記事の所要時間: 34

痩せる筋トレメニュー・・・というか、筋トレをしながら
ダイエットするにはどうしたら良いのか?今回はその話をしたいと思います。


その前に注意点があります。

そもそも、痩せるにはどういう筋トレをすればいいか?それだけを考える人が
いると思いますが、もうそこでその考えは間違っているので注意しましょう。


痩せてかっこいい体を作るには、食事とトレーニング、
両方をきっちりする事によってできるのです。
そこだけは、しっかり頭に入れておきましょう。


痩せる食事の話は、また記事にします。という事で、本題に行きましょう。

痩せる筋トレメニューの正体とは?

今までの筋トレメニューと何が違うのか?


まず、痩せる為に大事なのが成長ホルモンをいつもより
多めに出すようなトレーニングをする事です。
普段の筋トレでも成長ホルモンは出ますが、
いつもより多めに出すためにちょっと工夫します。


今回は、成長ホルモンを多めに出す方法を2つほど紹介します。

インターバルの時間を短くする

ちなみにインターバルというのは、筋トレと筋トレの
間の休憩時間の事です。


例えば、今までダンベルプレスをインターバル1分で
やっていたら、今度は40秒にしてやってみましょう。

当然使用重量は下がりますが、それはそれで良い結果に
繋がることもありますし、インターバルを短くしたほうが
成長ホルモンが出やすくなる、と言われています。


インターバルは、最低30秒まで縮めても良いでしょう。
(脚や背中などの大きい筋肉ではもっとインターバルを取ったほうが良いです)


インターバルを短くすることによって、成長ホルモンの
出る量を増やし、その後に有酸素運動をやる事によって
更に体脂肪燃焼を促すのがベストです。

スポンサーリンク
 

脚のトレーニングの頻度を増やす

yaseru

脚のトレーニングが、
一番成長ホルモンが出ると言われています。


・週に1回しかやっていない人は、週2回にしてみましょう

・セット数を増やしてみましょう

・種目も増やしてみましょう


脚のトレーニングは、きついし、嫌だなあ、と思う人も多いと思いますが、
体脂肪を燃やすのに一番効果的な筋トレの種目は脚のトレーニングなのです。

もちろんダイエットにもかなり有効です。


ダイエットを本気でしたい人は、脚のトレーニングを
きっちりやって、その後有酸素運動を30分ほどやる。

これだけで、どんどん痩せていくでしょう。
(もちろん、食事管理はしっかりやっての事ですが・・・。)


脚のトレーニングに関しては下記の記事を参考にしてください。

スクワットの正しいやり方と、回数は?

ダンベルスクワットの正しいやり方とは?

ブルガリアンスクワットの2つの効果と女性がやるべき理由とは?

まとめ

痩せる筋トレメニューの組み立て方は、


・インターバルを短くする

・脚のトレーニング量を増やす


この2つを取り入れれば、かなり高い確率で
体脂肪が燃えて、ダイエットにも成功しやすいでしょう。


これは、私も実践済み、経験済みなので自信を持っておすすめしますよ。


他の部位のトレーニングもバランスよくやれば、
かっこいい体を作る事が可能になってきます。

そうなりたい人は、下記の記事を参考にしてください。

ダンベルを使った筋トレで、初心者はどんなメニューをやればいいのか?

関連コンテンツ
スポンサーリンク
 

海外のプロテインやサプリメント、食品が安価で購入できるサイト

アイハーブのセール情報

■初回購入の場合、クーポンコード WELCOME5 を入力する事で5ドルの割引を受ける事ができます。

■春のスポーツ栄養セール・一部の対象ブランドが15%OFF(日本時間3月30日(木)午前2時まで)

・オプチマムのゴールドスタンダードプロテインやHMB、マッスルファームのプロテインバー等が15%OFFで購入できます。